同じ発達障害でも全然違う?「ADHD」と「アスペルガー症候群」の違いは?

対人苦手リンク

発達障害には「ADHD」と「アスペルガー症候群」の2つがあります。

どちらもよく聞く言葉ですね。

しかし「ADHD」と「アスペルガー症候群」は同じ発達障害でもその症状は違います。

「ADHD」は(Attention Deficit Hyperactivity Disorder)の略で、注意欠陥・多動性障害です。

「アスペルガー症候群(Asperger Syndrome)」は、興味・コミュニケーションについて特異性が認められる障害です。

もし自分が発達障害だと思ったなら、はたしてそれは「ADHD」なのかそれとも「アスペルガー症候群」なのかでまた対応などが違ってきます。

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2

「ADHD」と「アスペルガー症候群」の表

「ADHD」と「アスペルガー症候群」の違いを確認するのに、この表がとてもわかりやすくて参考になります。

わかりやすい違いとしては、ADHDは女に多く、アスペルガー症候群は男に多いADHDは比較的明るくエネルギッシュ、アスペルガー症候群は感情の起伏があまりない、空気が読めない、などの違いがあります。

2014052100008_1
2014052100008_2

参照元:ADHDなのか、アスペルガー症候群なのか

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2
対人関係苦手レスポンシブル2
対人苦手リンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
googleスポンサーリンクと関連コンテンツ