ADHDの人が「自己管理能力」を高めるための方法

砂時計

現代は「自己管理能力」が強く求められる時代です。

親や先生、仕事の上司は子供や生徒、部下に自己管理能力を高めるよう求めます。自己管理能力を高めることが、学校や仕事での成功につながるからです。

自己管理能力の高い行動ができれば、その人は有能な人間と認められ、社会から褒められるのです。そこでADHDの人が自己管理能力を高める方法を紹介します。

スポンサーリンク

ADHDの人と自己管理の関係

大人のADHDの人は「自己管理ができない」と言われたことのある人が多いようです。子どものときから親や先生に「だらしない」と繰り返し言われ続けてきたのです。

ADHDの人自身もそのような「他人の声」が自分の一部になってしまっています。大人になっても、パートナーや上司から同じことを言われるかもしれません。

ADHDの人の行動が自己管理できていないように見えるのは、「怠け」「やる気がない」「思いやりがない」からではありません。ADHDの人は「生まれたとき」からそうなのです。

ADHDは神経の状態の問題であり、その人の性格とは「全く」関係ないのです。

自己管理能力のある人の特徴とは

自己管理能力のある人を想像する場合、一般的に思い浮かぶのは以下のような人です。

  • 朝早く起きる
  • 前日に立てられた一日の計画を持っている
  • 一日の計画に忠実に従う。計画から外れたことはしない
  • 時間管理がきちんとしている
  • 生産性が高い。仕事が遅れるという言葉は彼ら/彼女らの辞書にはない
  • 気が進まない仕事もきちんと行う
  • 長期的な目標を理解している
  • 長期的な目標を達成するための行動を毎日行っている
  • 時間を無駄にしない
  • 仕事は途中で投げ出さない
  • 会議や約束の時間は必ず守る
  • 有言実行
  • 人の会話の内容に興味を持つ
  • 整理整頓ができる

大人のADHDの人はこれらの行動ができずに悩んでいる人が多いのではないでしょうか。これは「怠け者」だからなのではなくADHDの人の脳が生物学、化学、機能レベルで普通の人とは異なっているからなのです。これら脳の違いがADHDの人の行動をほかの人たちと違ったものにしているのです。

しかしこのことはADHDの人が「行動を変えることができない」ことを意味しているわけではありません。自己管理能力のある人の行動に変えることはできるのです。ただADHDの人はそれが「自然にできない」ということだけなのです。

以下がADHDの専門家が提案する自己管理能力のある行動を行うための方法です。

1.「過去の罪や恥を捨て去る」

過去人から言われたことで抱えている「罪」や「恥」を捨て去りましょう。これは自分を信じ変化できると信じる助けになるのです。

2.「優先順位をつける」

「どの部分」で自己管理能力を最も高めたいのかを特定しましょう。たとえば「約束の時間の5分前に到着する」など。それを最初に取り組みましょう。

一度習熟したら、その次を探しましょう。時間はかかります。忍耐強くなりましょう。

3.「モチベーション」

モチベーションが高まることに取り組みましょう。やる気があれば、すべてのことはより簡単になります。

4.「習慣」

習慣を身につけましょう。習慣は意志ややる気の必要性を取り除きます。習慣を身につければそれが当たり前のことになるのです。

次の「ADHDの人に重要なのは「意志」よりも「習慣」?なぜADHDの人に習慣が大切なのか」も参考になります。

5.「チェックリスト」

チェックリストを使いましょう。チェックリストは整理整頓と生産性を高めてくれます。また仕事を開始しそれを続けるのも助けてくれます。

次の「大人のADHDの時間管理に関するチェックリストが話題に」も参考になります。

6.「睡眠と起床」

睡眠と起床の方法を学びましょう。次の「ADHDの人は起きるのが苦手?ADHDの人が上手に目覚めるための8の方法」も参考になります。

7.「目標と計画」

ADHDの人に向いている目標と計画の立て方を学びましょう

8.「仕事環境」

生産性を最大にできる仕事環境を整えましょう。次の記事「ADHDで苦労しないための、仕事選びや人との付き合い方、考え方のヒント」も参考になります。

参考記事:ADHD and Discipline

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

関連コンテンツ
googleスポンサーリンクと関連コンテンツ