ADHDの子どもにおすすめなスポーツは?

対人苦手リンク

乗馬

ADHDの子どもはスポーツをするとよいとよく言われます。

水泳選手のマイケル・フェルプスは子どものときにADHDと診断されたそうです。彼は水泳をすることでADHDの症状を改善し、また、症状をうまく利用することで水泳選手として活躍することができたようです。

そこで、ADHDの子どもにおすすめのスポーツをいくつか紹介します。

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2

1.「水泳」

水泳選手のマイケル・フェルプスによると、ADHDの症状を管理するうえで、水泳は役に立つそうです。水泳は集中を促し、規律を学んだり、自己管理につながるからです。

2.「マーシャルアーツ/武道」

マーシャルアーツは、自己管理や、規律を学ぶことができます。特に練習の前に礼をするなど、礼儀作法を学ぶことができるのもメリットの1つです。

私も以前空手をやっていましたが、武道はADHDの人によいと思います。個人競技なのもよいですね。

一方で、指導者があまりに礼儀作法に細かい場合などは、長く続かない場合もあるかもしれません。

3.「体操」

研究によると、体操のような運動で体を動かすと、子どもの集中力が高まるそうです。

4.「サッカー/野球」

サッカーや野球は、子どもに協調性や、忍耐力、スポーツマンシップを教えるのに役に立つそうです。

ただし、私も以前野球チームに入っていましたが、いじめられることも多かったので、注意も必要だと思います。

指導者にあらかじめ配慮をしてもらうよう伝えたり、ADHDの子どもがほかにも何人かいるところがいいかもしれません。

5.「乗馬」

馬とのコミュニケーションが、子どもに良い効果を与えるようです。

また、「乗馬療法」があるくらい、乗馬は心理面にも効果があるようです。注意力の向上、抑うつの改善効果もあるそうです。

ただし、乗馬は費用もかかりますし、乗馬のできる場所も限られてくるので、他のスポーツと比べるとハードルが少し高いような気もします。

6.「アーチェリー」

アーチェリーは、子どもの集中力や自信を高める効果があるそうです。

ただ危険な道具を扱うので、十分な配慮が必要です。

まとめ

以上です。個人的には、サッカー/野球などのチームプレーが求められるものよりも、水泳や武道など個人でできるスポーツのほうがADHDの人には向いているのかなと思いました。

私も以前野球や空手をやっていましたが、野球はチームプレーが苦手だったり、いじめを受けたりして、途中で止めてしまいました。空手は基本的に一人でできるスポーツなので、比較的長く続いたような気がします。ただし、礼儀作法などあまりに細かい場合は、続かない可能性もあります。

また、どんなスポーツを選ぶかは、スポーツをする目的によって変わってくるのかなと思いました。協調性を高めるのか、それとも単純に体を動かすことかなどで、行うスポーツが変わってくると思います。

チームで行うスポーツの場合は、十分な配慮が必要となるのかもしれません。指導者の人などがADHDに理解があることも重要だと思いました。

参考記事:Karate or Kickball? Fencing or Football? The Best Sports for Kids with ADHD

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2
対人関係苦手レスポンシブル2
対人苦手リンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
googleスポンサーリンクと関連コンテンツ