リゾートバイトをしたいコミュ障の人は個室を選ぶべき?コミュ障の人がリゾートバイトで気をつけたいこと

対人苦手リンク

ビーチ

もうすぐ夏ですね。夏といえばリゾートバイトの季節です。海や山のリゾートで過ごすことができて、さらにお金ももらえるのがリゾートバイトのメリットでしょう。

またリゾートバイトで、普段は出会えないような人と出会えるのもいいですよね。リゾートバイトで一生の友人や恋人ができたりする人も少なくありません。

リゾートバイトで「一皮むけたい」という人もいるでしょう。新しい自分を見つけたいという「自分探し系」の人もいるかもしれません。そしてその中には「コミュ障」の人もいるかもしれません。

リゾートバイトは、リア充の明るい人がするというイメージがあります。しかし、暗くて友達があまりいない、人見知りや「コミュ障」の人がしても良いと思います。ただしコミュ障の人がリゾートバイトをする場合は、いくつか気をつけたほうがいい点があります。

そこで「コミュ障」の人がリゾートバイトをするときに気をつけたいことを紹介します。

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2

1.「コミュ障の人は「個室」を選んだほうがいい」

リゾートバイトは基本的に「住み込み」になります。そして部屋は「相部屋」と「個室」の2つがあります。コミュ障の人はできるだけ「個室」を選んだほうがいいでしょう。なぜならコミュ障の人の多くは、「一人になる時間」が必要だと思うからです。

もし相部屋を選んだ場合、プライベートはほぼなくなります。バイトの同僚たちと文字通り一日中一緒にいることになるのです。これに疲れてしまう人もいるでしょう。特にコミュ障の人で、気を使い過ぎてしまう人はそうだと思います。ですからリゾートバイトをする時はできるだけ個室を選びましょう。

ただしリゾートバイトで個室を選べるところはあまり多くありません。相部屋のところが多いです。また個室を選ぶと相部屋よりも住居費が高くなると思います。その点は個室のマイナスな面です。しかしリゾートバイトでできるだけ疲れずに最後まで続けたいと思うなら、個室を選ぶべきだと思います。

2.「コミュ障の人は「短期」のリゾートバイトを選んだほうがいい」

初めてリゾートバイトをする人は、できるだけ短期のリゾートバイトを選んだほうがいいかもしれません。というのは、初めてだとリゾートバイトが自分に合うかどうかわからないからです。もしリゾートバイトの生活が合わなかった場合、長期間で契約をしていたら辛いと思います。しかし短期間であれば、辛くてもなんとか耐えられるでしょう。

リゾートバイトの生活は普段の生活と大きく違います。住む場所、時間の感覚、人間関係などが激変します。それに適応できるかどうかは、一度やってみないとわかりません。ですから初心者の人はできるだけ短期のリゾートバイトを選び、自分がそれに適応できるかを試してみましょう。もし大丈夫となったら、次からは長期間のリゾートバイトを選べばいいと思います。

3.「コミュ障の人は「人が多く働いている」ところを選んだほうがいい」

リゾートバイトで働くところも様々です。何百人が泊まるような大きなホテルから、定員10人以下の小さな民宿やペンションまで、様々です。コミュ障の人はどちらが働きやすいのでしょうか。私はおそらく「大きなホテル」のほうがいいと思います。

小さな民宿やペンションは、働いている人も少なく、ほぼ同じメンバーで一日中一緒にいることになります。もしメンバーと気が合えばとても楽しいですが、もし気が合わない場合は大変です。気の合わない人と一日中一緒にいることほど辛いことはないと思います。

しかし大きなホテルなどの場合は、たくさん人が働いているので、ずっと同じメンバーで働くということもないでしょうし、気の合う人を探しやすいということもあるでしょう。人が多くて、出入りが多い場所ほど、コミュ障の人は働きやすいのではないかと思います。

以上がコミュ障の人がリゾートバイトで気をつけるべきことです。このことを気をつければコミュ障の人もリゾートバイトを楽しめるでしょう。

リゾートバイトは、リゾートバイト専門の紹介サイトから探したほうがたくさんの仕事を見つけられます。たとえば「リゾートバイトならアルファリゾート!」や「はたらくどっとこむ」などで探せます。

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2
対人関係苦手レスポンシブル2
対人苦手リンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
googleスポンサーリンクと関連コンテンツ