ADHDのプログラマーが仕事を上手に進めるためのヒント

プログラマーの仕事は、ADHDやアスペルガーの人に向いている仕事の一つだと言われています。実際すぐれたプログラマーにはADHDの人が少なくありません。

ただしADHDの人がプログラミングの仕事をするときには、ちょっとした工夫が必要になる場合があります。ADHDの症状が仕事に影響することがあるからです。たとえば「集中力が続かない」「締切に間に合わない」「気が付いたらネットを見てしまう」などです。

そこでADHDのプログラマーの人がプログラミングの仕事で工夫したほうがいいことを紹介します。以下などの海外記事を参考にしています。

I have diagnosed ADD. Mild but enough to affect my work: Easily distracted Can't concentrate on one project at a time Addicted to the web Procrastination etc....
スポンサーリンク

ADHDのプログラマーが仕事を上手に進めるヒント

「一度に行うのは一つのプロジェクトだけ」

マルチタスクが得意な人はいいかもしれませんが、できれば一度に複数のプロジェクトを進めるのは止めましょう。

「気が散ることから離れる」

机の上にいろいろなものを置いておくと、気が散りやすいです。ですから気が散りやすいものは机の上から離しておきましょう。仕事に使うものとプライペーとのものをはっきり分けておくといいでしょう。

「チャットに常駐しない」

オンラインチャットに常駐するのは止めましょう。サポートを求めたり、メッセージを送ったり、必要な時だけつながるようにしましょう。

「メールを閉じる」

メーラーは閉じましょう。メールを常にチェックしていると、メールが来ても来なくても仕事の集中力が途切れてしまいます。メールをチェックするのは一日に3回までと、チェックする回数と時間を決めたほうがいいでしょう。

「運動をする」

プログラミングをしていると、ジャンプしたり走り回ったりしたい気持ちになります。運動をすることで、健康状態の改善につながるだけでなく、仕事の集中力も改善されます。

「何をしていたかがわかる時間表を作る」

シンプルにスプレッドシートにその時間に何をしていたかを入力していきます。15分間隔だと簡単かもしれません。そうすればどんなことに時間を使っていたかがわかりますし、時間を有意義に使うことができます。

「食事と睡眠は規則的に」

食事と睡眠は毎回決まった時間にとるようにしましょう。

「小さな成功でも評価する」

常に今日は昨日より良く、さらに明日は今日よりも良いだろうと思いましょう。

「環境を調整する」

自分に合った仕事環境を整えましょう。家で仕事をする人なら、できるだけ仕事しやすい新しい机といすを用意するといいかもしれません。

「自分に合った音楽を聴く」

仕事中音楽を聴くのが好きという人もいるでしょう。自分に合った音楽を聴きましょう。たとえば母国語で歌う歌手の音楽を聴くと気が散ってしまうという人もいます。そういう人は外国語の音楽や、楽器の演奏だけのものにするとよいでしょう。

「ボールで気分転換」

ボールを用意するとよいでしょう。何かプログラミングで考え事があるときなどに、ボールを投げたりすると気分転換になりますし、良いアイディアが思いつくかもしれません。ボールは良い気晴らしになるのです。

「ノイズをシャットダウンするヘッドフォンやホワイトノイズを使用する」

ノイズが気になる人は、シャットダウンできるヘッドフォンを使用しましょう。ソニーの「SONY MDR-NC7/BLK ノイズキャンセリング オンイヤヘッドホン-黒 並行輸入品」などがおすすめです。

また「ホワイトノイズ」も集中力の助けになります。たとえば以下のようなものです。

「ヴィパッサナー瞑想を試す」

ヴィパッサナー瞑想はとても強力で、注意力を著しく改善してくれます。

「ものごとをありのままに見る」という意味のヴィパッサナーは、インドの最も古い瞑想法のひとつです。この瞑想法は2500年以上も昔、インドで、人間すべてに共通する病のための普遍的な治療法、すなわち「生きる技」として指導されました。

日本ヴィパッサナー協会

こちらのサイトなどが参考になります。通常10日間の合宿で行うようです。

またプログラマーの人の転職なら「IT業界の転職ならマイナビエージェント×IT」がおすすめです。



参考サイト:
Thoughts on Being an ADHD Computer Programmer
I have diagnosed ADD. Mild but enough to affect my work:

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

関連コンテンツ
googleスポンサーリンクと関連コンテンツ