ADHDの人はアルコール依存症になりやすい?ADHDの人がお酒を止める/制限するためのヒント

ADHDの人の中にはお酒好きの人が多くいるようです。

お酒好きのADHDの人は、一度自分のお酒の習慣をきちんとチェックしたほうがいいでしょう。

なぜならADHDの人は依存症になりやすいからです。

ADHDの人は喫煙率が高いので有名ですが、これはニコチン依存ですよね。

これと同じようにアルコールにも依存しやすいのです。

アメリカの場合、アルコール依存症者の15%から25%がADHDだそうです。

自分がお酒を飲みすぎているかわからない人もいるでしょう。その場合はネットでできる無料のアルコール依存症チェックサイトが多数あります。そちらでチェックしてみましょう。

たとえば以下のサイトです。

また以下では、ADHDの専門家による、お酒の量を減らす、またはお酒を止めるためのヒントを紹介します。

スポンサーリンク

「お酒はADHDの治療の邪魔になる」

ADHDを「健康的な方法」で治療する場合、アルコールを自己治療の手段として使用しないほうがいいでしょう。

またADHDの症状を適切に管理しようとする場合、衝動的にお酒を飲むと後で後悔することが多いでしょう。

「お酒を飲む理由を特定させる」

お酒を飲む理由を特定させましょう。

リラックスするためでしょうか?人の集まる場所で気分を落ち着けるためでしょうか?よく眠れるように、または辛い記憶や感情を忘れるためでしょうか?

いくつか理由が混ざっている可能性もありますね。

一度お酒を飲む理由を特定したら、その情報を元にして、問題を解決するようにしましょう。

「ライフスタイルを新しく変える」

ある研究によると、ADHDの子どものうち40%が15歳になったらお酒を飲み始めるそうです。

これはADHDではない子どもに比べると倍以上です。もし15歳でお酒を飲み始めたら、ほぼ生涯にわたってお酒を飲んでいることになります。

お酒を完全に止めるか、制限しましょう。そのためにはライフスタイルを大胆に変える必要があります。

お酒を飲む代わりにすることを探したり、友人が大酒飲みだったら、新しい友人を探しましょう。

「「AA(アルコホーリクス・アノニマス)ミーティング」に参加する」

これはなかなか勇気のあることです。しかし一度ミーティングに参加したら、あなたは受け入れられ、サポートしてもらえるでしょう。

AAミーティングは世界中にあります。ですからどこにいても助けを得ることができます。

日本にもいくつかAAミーティングがあります。たとえば以下などがそうです。

「知識を持つ」

お酒を飲みすぎてしまうということは、他に人になかなか打ち明けることができにくいテーマです。

しかし世の中にはお酒を止めた経験を書いた多くの自伝やブログがあります。

他の人の経験を学習することで、自分が一人ではないと気がつく助けになります。

またお酒の習慣を変化させる刺激にもなります。

「お酒を飲まないことのメリットに気づく」

お酒を止めたり、制限したりすることは大変かもしれません。

しかしこれには多くのメリットがあります。

たとえば目覚めが良くなる、体重が減る、お金が貯まる、ADHDの症状が改善するなどです。

これに気がついたら、お酒を飲むのを止められるかもしれません。

「転職を考える」

お酒を飲みすぎてしまう原因の一つはストレスがあると思います。

もしストレスのたまりやすい職場で働いている場合は、健康のことも考えて、転職を考えてみてもいいかもしれません。

また飲み会が多い職場などもありますよね。仕事上の付き合いだとなかなか断ることができないことが多いと思います。

しかし気がついたら体を壊してしまっているということがよくあります。そんな場合、飲み会の少ない職場に転職したほうがいいかもしれません。

転職は「マイナビエージェント」や「リクルートエージェント」を使用すると、コンサルタントが相談にのってくれます。

参考サイト:Do You Need to Cut Down Your Drinking?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

関連コンテンツ
googleスポンサーリンクと関連コンテンツ