ADHDの人が「何もしようとしない」理由とは?

対人苦手リンク

「何もしようとしない」ことは良いことでもあります。

たとえば、平日を忙しく過ごした場合、休みの日はリラックスして、何もしないで過ごすのは自然なことです。そんな時は、何もしなくても罪の意識はないと思います。なぜなら、(平日忙しく過ごしたという)達成感を感じているので、何もしないことがご褒美だと思えるからです。

しかしこれとは違う、別のタイプの「何もしようとしない」もあります。

これは多くのネガティブな感情を伴います。たとえば、恥や罪、心配、不安、途方に暮れる感情、などです。これは「しなければならないことがあるのに、何もしていない」ことから生じます。

この「しなければならないことがあるのに、何もしようとしない」のはなぜなのでしょうか?これはADHDの人によくあることのようです。私も心当たりがあります。そこでその理由を4つ紹介します。

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2

「何もしようとしない」4つの理由

1.「全てを中途半端にしたままで終わる」

1つのことを始めたと思ったら、途中で気が散ってしまい、また別のことを始める、その繰り返しで一日が終わってしまいます。

そして今日は「何もしていない」と思ってしまう。多くのことを始めたのに、結局何1つ終わらすことができていないのです。

2.「「冬眠モード」に入る」

ストレスになることがあり、それから回復するために引きこもる状態です。

そのため、しなければいけないことがあるのに何もしないかできないのです。これは何もしないことでエネルギーを充電しているような感覚でしょうか。私もよくあります。

3.「1日中しなければいけないことを考えてしまい、逆に何もできない」

1日中しなければいけないことを考えて、不安と心配を感じます。そしていろんなことをあれこれ考えてしまい、意識が次から次へとジャンプしていくのです。

そして結果的に1日の終わりには、特に体も動かしていないのに完全に消耗してしまっていて、何もできていないのです。

4.「心が反発をして身動きができない」

しなければいけない仕事があるのに、心が反発をしている状態です。そして身動きがとれなくなってしまいます。

そしてこのように仕事や家庭で複数の仕事が前に進まない場合、自信や自尊心は大きなダメージを受けます。

解決策は?

しなければいけないことは何かを正確に見極める

しなければいけない仕事がはっきりしておらずに「曖昧」な場合、何もしようとしない状態になります。そうならないためには、しなければいけないことを正確に書き起こしましょう。たとえば、家の中のすべての部屋をきれいにする、仕事を片付けるなど・・です。

すべてを書き起こせば、行動に移す力が湧いてきます。またもやもやした意識もクリアになるでしょう。

「心」がブロックしているものは何かを見極める

心理的な抵抗があり前に進めないときは、抵抗を感じる仕事は具体的に何かを特定しましょう。以下がよくある理由です。

  • 何から手を付けていいかわからず、途方に暮れるような仕事
  • どうやったらいいかわからない仕事
  • 他人とコミュニケーションをとらなければいけない仕事(電話をかける、公的機関の人と話をするなど)
  • モチベーションが全く湧いてこない仕事
  • 不安を感じる仕事

特定すれば、何をしなければいけないのか、何が前に進むのを妨げているのかがわかります。それから前に進むのが容易になります。

他にも次の提案が参考になります。

  • もし途方に暮れる感覚に襲われたら、取るべき行動のリストを書き出す。
  • 何かのやり方がわからなかったら、すぐに GoogleやYouTubeで検索する。満足な情報が手に入れば、行動に移すことができる。ただし検索のし過ぎは気をつける。
  • 多くのADHDの人は社会不安を抱えている。話をするのが怖い人のリストを作るのも有効。その人の名前を書いたり、その人と一緒に起きたことなどを書く。書き起こすことで、楽になる場合も。
  • やる気が全く出ない場合は、自分にご褒美を与える。仕事をしたら、10分毎にご褒美を自分に与え、そして仕事が最終的に終わったら、さらに大きなご褒美を与える。

まとめと感想

以上です。私もこれはよくあることなので、気をつけたいと思います。

特に何もしなかったときは、時間を無駄にしてしまったという感覚が非常に大きいです。それで自己嫌悪になることもしばしばあります。

年を取ると余計にそう思うことが多いようです。

参考記事:ADHD and Doing Nothing

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2
対人関係苦手レスポンシブル2
対人苦手リンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
googleスポンサーリンクと関連コンテンツ