厚生省が発達障害の人への就労支援を強化

対人苦手リンク

厚生省は来年(2018年)から、発達障害の人への就労支援を強化するそうです。

 厚生労働省は来年度から、自閉症やアスペルガー症候群など発達障害がある人の就労支援を強化する方針だ。  ハローワークに専門家を置き、就職準備から職場定着までサポートするのが柱である。  近年、実態...

具体的な支援の内容は以下です。

厚労省は、まず13都道府県に専門知識と経験を持つ「雇用トータルサポーター」を配置し、学生へのカウンセリングや、他の支援機関への橋渡しを行う。

各地の発達障害者支援センターにも出向いて相談に乗り、企業に受け入れのノウハウを教える。

各労働局は、職場での発達障害の理解者となる「しごとサポーター」の養成も始めた。

悩みを分かち合うため、家族会などの活動も後押ししたい。

これを見る限り、主に「雇用トータルサポーターの配置」と「しごとサポーターの養成」の2つのようです。

この雇用トータルサポーターはハローワークに置かれる専門家のようです。発達障害者の就労支援など、トータルなサポートをするようです。

また、「しごとサポーター」は実際に職場で働く際に理解者となってくれる立場の人のようです。

発達障害の人は仕事で苦労することも多いですから、この試みは良いことのように思えます。

どちらかというと、重要なのは「しごとサポーター」のような気もします。働く前段階も重要ですが、苦労が多いのは実際に職場で働く時だと思います。ですから、職場で理解者がいてくれるのは重要なのではないでしょうか。

参考記事:発達障害の支援 社会全体で切れ目なく

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2
対人関係苦手レスポンシブル2
対人苦手リンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
googleスポンサーリンクと関連コンテンツ
スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2