テトリスをプレイするとPTSDの予防になる?驚きの研究結果

「テトリス」は誰もが知っているゲームです。このテトリスですが、ただゲームとして面白いだけでなく、人間の精神にも良い影響を与えることがわかったそうです。

2017年3月28日にイギリスオックスフォード大学が研究を発表したそうです。その発表によると、ショッキングな出来事に遭遇した後にテトリスをプレイすると、PTSD(心的外傷後ストレス)になるのを防げることがわかったそうです。

交通事故で救急搬送された患者に対し、目撃した事故現場を頭の中で思い描いたあとで、テトリスを20分間プレイしたところ、事故現場の記憶が薄れ、フラッシュバックが起こりにくくなったと報告されました。

記憶を映像として脳に定着する過程を、テトリスにより妨害したことが有効だったとされ、PTSDなどの原因となりうる心的外傷を予防することに役立つのではないかと考えられます。

またテトリスは依存症対策にも効果があるそうです。

テトリスをプレイすることでコーヒー、タバコ、アルコールなどへの依存症対策にも効果的と報告されました。

実験では、薬物・食物・飲み物・運動・性行動などへの欲求度合いを被験者に数字で表してもらいましたが、テトリスをプレイできる環境にあった被験者は欲望度合が低くなりました。

おそらく、「これを食べたい」などと考えるためには、脳の中で対象物を視覚的にイメージする必要があるが、テトリスがイメージを妨害するからと考えられました。

詳しいことはわかりませんが、テトリスをプレイすることは視覚的イメージが脳に定着することを防いだり、邪魔をしたりすることになり、それが結果的にPTSDを防いだり、依存症を対策になるようです。

これらの研究結果を知ったら、久しぶりにテトリスをプレイしたくなりました。特に私は最近甘いものの食べすぎで依存症のようになっているので、テトリスをプレイすれば甘いものの誘惑を断ち切ることができるかもしれません。

他にも禁煙がうまくいかない人なども、タバコを吸いたくなったらテトリスをプレイすると禁煙に成功できるかもしれませんね。

参考記事:テトリスでPTSD予防や依存症対策に 心的外傷後6時間以内のプレイで効果があるという|ニフティニュース

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
googleスポンサーリンクと関連コンテンツ
スポンサーリンク