HSPの人が普通に生きるための生存戦略

対人苦手リンク

HSP(ハイパー・センシティブ・パーソン)の人は、普通の人よりも感受性が敏感なことが多いと言われています。そのため、普通の人と同じような生活をしていると、刺激が多く、精神がまいってしまいます。

HSPの人が普通に生活をするには、普通ではない工夫が必要です。そこで、HSPの人が幸せに生きるための生存戦略をいくつか紹介します。

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2

1.「十分な睡眠をとる」

睡眠不足は、イライラや、気分のムラ、集中力、生産性の低下をもたらすと言われています。

そのため、HSPの人は、睡眠不足により、さらに神経が敏感になる可能性があります。

2.「一日を通して、健康な食べ物を規則正しく食べる」

健康でバランスの取れた食事と間食を規則正しくすることが大切です。安定した血糖値を維持し、敏感な神経を穏やかにすることができます。

また、フィッシュオイル(オメガ3)のサプリメントも良い効果があるようです。多くの研究で、フィッシュオイルが認知および感情に良い効果のあることを示しています。

3.「ノイズを減少させるヘッドフォンを着用する」

HSPの人は、ノイズに非常に敏感です。

そのため、ノイズをシャットダウンできるヘッドフォンは重要です。これがあれば、ノイズの多い環境でも、影響を受けずに済みます。

私も外出する時は、「イヤーマフ」を持ち歩いています。これは工事の人などが使用するものです。

4.「スケジュールを詰め込みすぎない」

HSPの人は、予定の詰まった忙しいスケジュールや、騒々しくて混雑した場所や非常にプレッシャーの多い環境が苦手です。

そのため、できるだけスケジュールは余裕を持ったほうが良いでしょう。また、混雑する場所や、プレッシャーの多い環境に行くときは、静かな場所で休むことが必要です。

5.「カフェインを制限する」

HSPの人は、カフェインに敏感な場合が多いようです。中にはカフェインレスのコーヒーでさえ気になるという人もいるようです。

あなたがコーヒー党(またはダークチョコレートの中毒者)で、HSPと診断されている場合は、コーヒーを諦めることで、集中が高まり、冷静になれるでしょう。

6.「ライトの明るさを下げる」

HSPの人には、明るい光は刺激が強い場合があるようです。

そのため、ライトの明るさなどを下げ、光の刺激を最小限に抑えると、気分よく過ごせます。

7.「人が少ない時間帯に用事を済ませる」

多くの人が活動する時間帯は、混雑や騒音が大きくなります。そのため、HSPの人は普通の人の活動時間帯以外で、用事などを済ませると良いです。

たとえば、夜遅くに食料品店に行く、用事はできるだけ平日に済まし、平日の夜に映画に行く、多くの人がジョギングする時間より前に、散歩をする、などが良いでしょう。

参考記事:Top 10 Survival Tips for the Highly Sensitive Person (HSP)

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2
対人関係苦手レスポンシブル2
対人苦手リンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
googleスポンサーリンクと関連コンテンツ