ブロッコリーに含まれる「スルフォラファン」がうつ病予防に効果のあることが判明

対人苦手リンク

ブロッコリー

ブロッコリーがうつ病予防に効果のあることが明らかになりました。

ブロッコリーなどの野菜に含まれる化合物「スルフォラファン(SFN)」が、うつ病予防や、再発防止に効果があるそうです。千葉大学の研究です。

千葉大学社会精神保健教育研究センターは、ブロッコリーなどの野菜に含まれる化合物「スルフォラファン(SFN)」が、うつ病の予防や再発防止に効果があることを突き止めた。

特にブロッコリーの種を発芽させた「スーパースプラウト」には、高濃度のスルフォラファン(SFN)が含まれているそうです。

特にブロッコリーの種を発芽させた「スーパースプラウト」には、ブロッコリー約1キログラム相当の高濃度のSFNが含まれており、がん予防などにも効果が期待される。

この発見により、薬物治療に頼らずに、栄養学的にうつ病の治療が可能になるそうです。

ブロッコリーはスーパーなどで安価に手軽に手に入るものですし、副作用もないので薬物治療よりも良いことが多そうです。

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2

「スルフォラファン」のサプリ、「スーパースプラウト」の種子はネット等で手に入る

また、「スルフォラファン」のサプリや「スーパースプラウト」の種子はネット等で手に入ります。

「スルフォラファンのサプリ」

「スルフォラファン」のサプリだと、より直接的に「スルフォラファン」を摂取できます。たとえば以下のようなものがあります。

「スーパースプラウトの種子」

また高濃度のスルフォラファンが含まれる「スーパースプラウト」は、比較的育てやすい野菜なので、種を買って育てるという方法もあります。

家庭菜園で育てると楽しそうです。

参考サイト:ブロッコリーがうつ予防に効果 千葉大教授ら発表 薬頼らず発症抑制の可能性

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2
対人関係苦手レスポンシブル2
対人苦手リンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
googleスポンサーリンクと関連コンテンツ