東京の中小企業が人手不足対策で「ニート」を積極的に採用!?

対人苦手リンク

東京の中小企業が、「人手不足対策の一環」として、ニートの人を積極的に採用することを始めたそうです。

すでに「一部の企業」では、ニートをアルバイトとして採用しているそうです。

東京中小企業家同友会は人手不足対策の一環として、ニートの戦力化の検討に乗り出した。既に一部の会員会社がアルバイトという形態で試験的に人材起用を開始。一定の成果を確認した。これに基づき、10月には若者を交えた討論会を実施することで、本格的な採用活動に向けてのルールづくりを目指す。

ニートを受け入れたのは、建設防水資材の販売施工を行う光栄商事(東京都練馬区)。就労支援を行う「ねりま若者サポートステーション」と連携しながら人材を探し出し、1回につき10人、延べ30人が作業に携わった。

参考記事:ニートを戦力に 採用活発化 「コミュニケーションが苦手なだけで……」

仕事を探している「ニート」の人はチャンスかもしれないですね。

またニートを採用した企業の人も「手ごたえ」を感じているようです。

内田勲代表取締役は当初、「ガラスの心臓なのではないか」といった不安感を抱いていた。しかし、実際の仕事ぶりを目の当たりにして「コミュニケーションが苦手なだけで、どうやったら効率的に進めることができるのか、といった点を考えてくれた」と、戦力として確かな手応えを感じたという。

参考記事:ニートを戦力に 採用活発化 「コミュニケーションが苦手なだけで……」

採用した代表取締役の人は、「ニートの人は「コミュニケーションが苦手」なだけで、あとは特に変わらない」との印象だそうです。

ニートの人の働ける機会がどんどん増えるといいですね。

また、「【ハタラクティブ】」や「障がい者の転職求人情報アイエスエフネットジョイ」(障がい者向け)などの転職サービスでも仕事を探せます。

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2
対人関係苦手レスポンシブル2
対人苦手リンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
googleスポンサーリンクと関連コンテンツ
スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2