精神科医が語る「精神科の治療中に絶対にしてはならないルール」とは?

対人苦手リンク

「精神科の治療中に絶対にしてはならないルール」というものが話題になっています。これは精神科医の方がtwitterでつぶやいたものです。

すなわち、「絶対にしてはいけないこと」とは、「昼夜逆転」「自分の部屋で悩むこと」「考えても答えの出ない問題を悩むこと」「悪くなった原因を過去に求めること」の4つだそうです。

  • 「昼夜逆転」
  • 「自分の部屋で悩むこと」
  • 「考えても答えの出ない問題を悩むこと」
  • 「悪くなった原因を過去に求めること」

確かに精神科の治療中でなくても、このようなことをすると精神的にあまりよくないような気がします。というのは多くの人はこれら4つのどれかを一度はやったことがあるからだと思います。私もすべて経験があります。その経験から感覚的になんとなくよくないだろうことがわかるのだと思います。

精神科の治療中の人はもちろん、健康な人もあまりやらないほうが良いのかもしれませんね。私も気をつけたいと思います。

*ただ一方でこのルールに対する反論も出ているようです。

「精神科医 水村菜緒」を名乗るアカウントの5万RTを越えた「絶対してはならない4つのルール」のツイートは、健康な人にとっては無害なものですが、精神的に危険な状態にある人には劇毒になるものでした。こ..
スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2
対人関係苦手レスポンシブル2
対人苦手リンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
googleスポンサーリンクと関連コンテンツ
スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2