ADHDの人など、よく眠れない人がするべき眠る前の儀式

夜眠りにつけないという人も多いと思います。

特にADHDの大人と子どもはうまく眠れない人が多いようです。睡眠が十分にとれないと、ADHDの症状に影響する可能性がありますよね。たとえばミスが多くなったり、忘れ物が増えたりしてしまうかもしれません。

そこでADHDの人などに優しい睡眠の秘訣を紹介します。これらの「儀式」を眠る前に行えば、以前よりもうまく睡眠がとれるようになるでしょう。

スポンサーリンク

1.「温かい牛乳を飲む」

眠る前に温かい牛乳を飲みましょう。ミルクには自然の鎮静剤であるトリプトファンが含まれていて、ADHDの人の忙しい心を鎮める効果があるそうです。

また、眠る前にアルコールは飲まないほうがよいそうです。アルコールを摂取すると、眠りを持続させる能力に影響を及ぼし、頻繁に目が覚めてしまいます。さらにアルコールは利尿作用を促進させるので、夜中何度もトイレに行くことにもなります。

2.「カモミールティーを飲む」

カモミールには鎮静作用が含まれているそうです。カモミールティーを飲むことで精神が穏やかになり、しっかりと眠ることができるようになります。

また、少なくとも眠る4時間前までには、カフェインが含まれている飲食物は摂取しないようにしましょう。カフェインもまた、アルコールと同じように利尿を促進させるので、夜中トイレに行く回数が増えるそうです。

3.「眠る前にシャワーを浴びたり湯船に浸かる」

お風呂に入ることで、筋肉を和らげリラックスする効果があります。そして体に眠る時間だという合図を与えてくれます。

4.「眠る前にたくさん食べない」

眠る前にたくさんの食事をとると、眠れなくなることがあります。少しつまむ程度がいいようです。

5.「リラックスできる音楽を聴く」

眠る時にリラックスできる音楽を聴くとよく眠れます。ADHDの人は「ホワイトノイズ」を聴くと良いと言われているので(ADHDの人の集中力を改善する「ホワイトノイズ」とは?)、ホワイトノイズを聴くのも良いと思います。

私もよくホワイトノイズを聴いています。インターネットの動画サイトなどで探せばすぐに見つかります。特に夜中あれこれ考えてしまう人には向いていると思います。

参考記事:Bedtime Rituals to Calm Racing Minds and Fall Asleep Faster

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
googleスポンサーリンクと関連コンテンツ