引きこもりにプログラマーは向いている?

キーボードのキー

プログラマーの仕事というと、一日黙々とパソコンに向かって仕事をするというイメージがありますよね。これって一見すると、引きこもりの人とそれほど変わらないような感じもします。

そうすると、引きこもりの人にはプログラマーという仕事が向いているのでしょうか?そこで引きこもりとプログラマーの関係を調べてみました

スポンサーリンク

「プログラマーの求人は多いので、引きこもりでも参入しやすい」

引きこもりの人は仕事経験のない人が多いと思います。しかし求人の多くは経験のある人を募集していることが多いですよね。そのため仕事経験のない引きこもりの人はなかなか仕事に就けないということがあります。

しかしプログラマーは求人が多いので、未経験でも採用される場合が結構あります。ですから仕事経験のない引きこもりの人でも、プログラマーであれば雇ってもらえる可能性も高いのかもしれません。これは他の仕事にはない大きなメリットだと思います。

やる気あるならプログラマーおすすめ
誰でもなれる上に常に人足りてない
ハロワとか派遣会社とかで研修やってるらしいから受けさせてもらって、何とかスキルと経験身に付けば一生食っていける

無職(32)「10年間の引きこもり生活を死ぬほど後悔しています。これから私はどうすればいいですか?」

ただプログラマーも年齢勝負なところがあるので、未経験でも年齢が若い人(20代)のほうが採用されやすいということはあるようです。

「プログラマーは対人関係が苦手でもOK?」

私の知る優秀なソフト開発者はみんな口下手だ。冗談も言わない。暗い!(笑)宴会では、場がシラけるから居て欲しくないというタイプだ。そもそも宴会には出ない。

ITスペシャリストが語る芸術

このようにプログラムの仕事をしている人の中には、口下手だったり、対人関係があまり得意ではない人も多いようです。その点は引きこもりの人に向いているのかもしれません。

もちろん仕事をする以上、最低限の対人能力は必要だとは思います。チームで仕事をする場合も多いでしょうから、多くの人とコミュニケーションを取り、協力する必要もあると思います。しかし営業職や接客業に求められるような対人能力は必要としない場合が多いでしょう。

「向き不向きはある」

ただしプログラマーは向き不向きがあると思います。

一日中延々と記号の羅列を見続けていても苦じゃない人に向いていると思います。また理系の思考方法も必要になってくると思うので、数学が得意な人のほうが上達は早いと思います。

もし引きこもりの人で興味がある人は、一度プログラムを勉強してみるのをおすすめします。また本格的に勉強したい場合は、「本気で職業エンジニアを目指す方のためのプログラミングスクール【ELITES(エリーツ)】」などのスクールに通うのも良いと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
googleスポンサーリンクと関連コンテンツ