発達障害者を積極的に雇用するホテルがオープン

対人苦手リンク

北海道で従業員に知的・発達障害者を積極的に雇用するホテルがオープンしたそうです。

このホテルは「バリアフリーホテルあすなろ」です。

全13種類の浴場がすべて車椅子で移動可能。ソフト面でも、ハード面でもバリアフリー。障害者の方にも心から安らげる上質な旅を。

場所は北海道の檜山管内乙部町館浦です。北海道南部で、函館に近いでしょうか。

このホテルの特徴は、全館バリアフリーの障害者優先ホテルということです。従業員も障害者なので、お客さんの障害者も安心して利用できることが狙いかもしれません。

このような障害者の人が働ける場がもっと増えると良いですね。

檜山管内乙部町館浦で、全館バリアフリーに改装した障害者優先ホテル「バリアフリーホテルあすなろ」が21日オープンする。従業員34人のうち、半数以上の20人が知的・発達障害者で、障害者が障害者をもてなすのが特徴だ。宿泊施設としては道内で初めて、全国では4番目の「就労継続支援A型事業所」となる。18日には関係者を招いた見学会が開かれた。

運営するのは檜山管内で障害者授産施設などを手掛ける社会福祉法人江差福祉会(江差町・樋口英俊理事長)。「障害者が気軽に安心して利用できる宿泊施設が少ない」(樋口理事長)ため、同福祉会が自らホテル経営に乗り出すことにした。障害者の雇用創出を図る狙いもある。同A型事業所は障害者自立支援法に基づき、障害者と雇用契約を結び、最低賃金を保証する。

ホテルは鉄骨造り2階建てで、天然温泉もある。客室全29室の出入り口にカード式の自動ドアを備え、電動リクライニングベッドを導入した。専用車いすで入浴できるよう温泉浴槽にスロープを整備するなど、バリアフリー化を徹底した。

参考記事:障害者くつろぎのホテル 北海道・乙部で21日開業、就労の場にも

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2
対人関係苦手レスポンシブル2
対人苦手リンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
googleスポンサーリンクと関連コンテンツ
スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2