対人関係で落ち込んだときは、認知療法がおすすめ。

対人苦手リンク

頭を抱える男性

対人関係で落ち込んだり、へこんだりすることはありませんか?そんな時は、「認知療法」を行うと、改善されるかもしれません。

認知療法というのは、簡単に言うと、「物の見方」を変えることです。例えば、コップの中に半分水が入っています。これを、「水が半分もある」と見るのか、「水があと半分しかない」と見るのか、で考え方が全然違ってきますよね。

前者の考え方であれば、楽観的です。後者の見方であれば、悲観的です。しかし、コップに入っている水自体は、どちらの見方にも関係なく、「変わらない」なのです。

つまり、ある物事は同じでも、どのように見るかで、世界が全然変わってきます。

そして、認知療法は、いわば「悲観的な見方」を修正し、もっと違った見方、楽観的な見方に変える、というものです。特に、毎回対人関係で落ち込みがちの人は、この悲観的な見方にとらわれているのかもしれません。

詳しくはこちらの記事を読んでみると良いと思います。

落ち込み・ヘコみを劇的に減らす方法 ―9パターンの「認知の歪み」を改善しよう [認知療法の方法・やり方]

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2
対人関係苦手レスポンシブル2
対人苦手リンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
googleスポンサーリンクと関連コンテンツ
スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2