日本の研究チームが世界で初めて自閉症のサルを確認

日本の研究チーム(自然科学研究機構生理学研究所など)が、世界で初めて、「自閉症」のサルを確認したそうです。

 自然科学研究機構生理学研究所(愛知県岡崎市)などの研究チームが自閉スペクトラム症の特徴を持つニホンザルを確認したことが19日、分かった。遺伝子操作をされていない動物での報告例はなく、世界で初めての確

記事によると、人間に懐かなかったり、自分の爪を頻繁にかんだりするサルを調べたところ、他者の行動情報を処理する脳の神経細胞が少なかったり、遺伝子に変異が見られたそうです。

自閉症自体は多くの人に知られていますが、意外にも、その詳しい原因はまだわかっていないそうです。しかし今回確認されたサルを研究することで、もしかしたら自閉症の原因が明らかにできるかもしれませんね。今後の研究が期待されます。

参考記事:自閉症のサルを世界初確認 自然科学機構

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
googleスポンサーリンクと関連コンテンツ
スポンサーリンク