発達障害児への「療育手帳」の交付が過去最多に

発達障害児への「療育手帳」の交付が過去最多になったそうです。兵庫県のことです。

 兵庫県内5カ所のこども家庭センター(神戸市を除く)による2015年度の発達障害児への療育手帳交付件数が870件に上り、14年度から102件(13%)増えて過去

兵庫県内5カ所のこども家庭センター(神戸市を除く)による2015年度の発達障害児への療育手帳交付件数が870件に上り、14年度から102件(13%)増えて過去最多になったことが県のまとめで分かった。発達障害への理解が進み、早期療育のために福祉サービスを利用する動きが広がっていることが要因とみられるという。

これは、近年「発達障害」が広く知られるようになり、発達障害の診断を受ける人が増えたこともあるのかもしれません。

療育手帳は、知的障害者に発行される障害者手帳のことです。この療育手帳の交付を受けると、発達障害児の援助などの福祉サービスを受けやすくなるようです。

兵庫県は2006年から療育手帳の交付の対象に発達障害児を追加したそうです。それから10年間で、交付を受ける人は3.6倍にもなったそうです。

できるだけ多くの人が支援を受けられると良いと思いますね。

参考サイト:療育手帳、発達障害児への交付過去最多 兵庫

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

関連コンテンツ
googleスポンサーリンクと関連コンテンツ
スポンサーリンク