青森県弘前市が、引きこもりや若年無業者、生活困窮者などの就労相談窓口を開設

対人苦手リンク

青森県弘前市が、引きこもりや若年無業者(ニート)、生活困窮者などのための就労相談窓口を開設するそうです。

いわゆる「社会的弱者」の人向けの就労相談ですね。

青森県弘前市は、無職の若年層や引きこもり、高齢者、ひとり親などの生活困窮者を対象にした就労支援の相談窓口をヒロロ3階の公共エリア「ヒロロスクエア」内に開設する。23日から業務開始予定で、仕事や生活に関する相談業務のほか、相談者の能力や家庭環境に合わせた仕事のあっせんなども行う。

興味深いのは、ただ仕事を紹介するだけはでなく、多様な仕事の働き方にも取り組むそうです。

たとえば引きこもりの人の中には、いきなり8時間労働をするというのは厳しい人もいると思うので、そういう人は短時間労働の仕事を紹介するということでしょうか。

市健康福祉部の竹内守康部長は取材に「8時間労働にこだわらず、短時間労働などの就労支援にも取り組む。今後は、協力してくれる企業の掘り起こしにも努めたい」と話した。

青森県弘前市に住んでいる人は一度利用してみてはいかがでしょうか。

また転職サービスを利用するの一つの方法だと思います。専門のカウンセラーがいるので、その人たちに相談すると、自分に合った仕事や会社を紹介してくれます。

たとえば「【ハタラクティブ】」や「障がい者の転職求人情報アイエスエフネットジョイ」(障がい者向け)などがあります。

参考記事:生活困窮者の就労相談窓口開設/弘前市、23日から

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2
対人関係苦手レスポンシブル2
対人苦手リンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
googleスポンサーリンクと関連コンテンツ
スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2