ポケモンGOで引きこもりが外に出た?麻生太郎財務相の発言

麻生太郎財務相が、大ヒットのポケモンGOについて、「引きこもりが外に出た」と発言したそうです。

記者の質問に答える麻生財務相=22日午後、成田空港 麻生太郎財務相は22日、大ヒットして社会現象となっているスマートフォン向けゲーム「ポケモンGO(ゴー)」に関し「海外での例を見ると、精神科医が対処できなかったオタク、自宅引きこもりが全部外...

麻生太郎財務相は22日、大ヒットして社会現象となっているスマートフォン向けゲーム「ポケモンGO(ゴー)」に関し「海外での例を見ると、精神科医が対処できなかったオタク、自宅引きこもりが全部外に出てポケモンをするようになった」と発言した。

海外では、すでに専門家らが「ポケモンGO」がうつ病や不安神経症を改善する!?と発言しており、確かに引きこもりの人などに良い影響はあるかもしれませんね。

ただし一方で、「ポケモンGO」をやるために外に出ることができる人は、そもそも「引きこもり」ではないようにも思えます。「引きこもり」と呼ばれる人たちは、おそらくもっと深刻でしょう。

麻生太郎財務相は、「引きこもり」についてあまり深く理解されていないように思えます。もしかしたらオタクの人と間違えているのかもしれませんね。しかし外交的なオタクの人もたくさんいますし、引きこもりとオタクは基本的に別のカテゴリーです。

まあ麻生太郎財務相はあまりよく考えないで発言したのかもしれませんが、これで「引きこもり」について間違った認識が広まると少し怖い気もします。

参考サイト:麻生氏「引きこもりが外に出た」ポケモンGOで発言

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

関連コンテンツ
googleスポンサーリンクと関連コンテンツ
スポンサーリンク