コミュ障を乗り越えるための方法が書かれた本『なぜ、この人と話をすると楽になるのか』

「コミュ障」というのは、「コミュニケーション障害」の略です。人とうまく付き合うことができないという意味のインターネットのスラングですね。

以前はあまり聞かなかった言葉ですが、ここ数年で急に使われるようになった印象があります。私自身もコミュ障だという自覚があるのですが、これを克服するには大変だなという思いもあります。

しかしこの『なぜ、この人と話をすると楽になるのか』という本は、現役アナウンサーが書いたコミュ障を乗り越えるためのコツや秘訣が書かれています。

この著者のアナウンサー・吉田尚記さんはオタクとしても有名で、ラジオ番組ではよく声優さんなどと会話をしていますが、とてもコミュ障には思えません。

しかしこの本によれば、吉田さんはコミュ障でずいぶん悩んだようです。そしてそれを乗り越えるための方法をいろいろと試して、現在に至っているようです。そう考えるとなかなか説得力もありますよね。本も人気があって一時はなかなか手に入らない状態だったようです。

以下の記事にこの本の内容が詳しく書かれているのでお勧めです。

現役でバリバリ活躍中のアナウンサー・吉田尚記さんが、いかに「コミュ障」を越えて今のように自由に会話できるようになったのか、そのノウハウを余すところなく伝授してくれている本が「なぜ、この人と話をする

参考記事:「コミュ障」を乗り越えて会話するコツや秘訣がわかる「なぜ、この人と話をすると楽になるのか」

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
googleスポンサーリンクと関連コンテンツ
スポンサーリンク