コミュ障が一人で旅行しても何の意味もない?

コミュ障の人は一人旅を楽しむ人が多いのではないでしょうか。コミュ障の人は友達もあまりいないでしょうし、いたとしても一緒にいくと気をつかったりして疲れるという人も多いでしょう。ですから自然と一人旅になる人が多いのではないかと思います。

しかしコミュ障の人が一人で旅行しても面白くないという記事です。

俺のようなコミュ障が一人で遠方に赴いて散策し、景勝地の風景写真を撮り(人に撮影を頼む勇気すらない)、店員との事務的な会話を二・三回こ…

俺のようなコミュ障が一人で遠方に赴いて散策し、
景勝地の風景写真を撮り(人に撮影を頼む勇気すらない)、
店員との事務的な会話を二・三回こなす一日を過ごし、
ホテルで一人眠りにつく生活を送ったところで、
何の意味もないのだと気がついた。
高い金を払って、泊り込みで遠方にウォーキングに行っているようなものだった。
自宅近くの公園を徘徊しているのと違いはなく、ただ金を捨てただけであった。

旅行して分かったこと

これは確かにわかるような気がします・・。旅行の楽しみの一つは、非日常を楽しむことだと思います。コミュ障の人だと旅もまた日常になってしまうのでしょうか。旅先で出会う見知らぬ人との出会いなどはほとんどないでしょうしね・・・。

ただしこれは旅行の仕方が間違っているような気もします。たとえばドミトリーに泊まってみると自然と出会いも増えるような気もしますが。あるいは海外に行ってみるといいかもしれませんね。できれば日本とは全く違うような国がいいのかもしれません。

参考記事:旅行して分かったこと

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

関連コンテンツ
googleスポンサーリンクと関連コンテンツ
スポンサーリンク