漢方薬が発達障害を改善する?発達障害への効果が期待できる漢方薬、「大柴胡湯」「抑肝散」「甘麦大棗湯」

対人苦手リンク

発達障害の治療薬といえば、ADHDであればコンサータやストラテラが有名です(ADHDに効果のある薬、「コンサータ」と「ストラテラ」とは?)が、最近は「漢方薬」にも注目が集まっているそうです。

私たちになじみ深いのは「西洋薬」です。西洋薬は化学合成により人工的に作られているため、即効性と強い効果が期待できますが、副作用が大きいというマイナス面もあります。

一方漢方薬の特徴は「副作用」が少ないことです。漢方薬は体が本来持っている自然治癒力を高め、バランスを整えることで治すと言われています。

したがって西洋薬にはない漢方薬のメリットは、副作用が少なく体への負担があまりないということです。ただし記事にもあるように「即効性」があまり期待できませんので、効果がでるのに何か月もかかる場合があります。効果がみられるまでは、数か月間漢方薬を飲み続ける必要があるのです。

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2

発達障害への効果が期待できる漢方薬とは?

この記事で紹介されている漢方薬は、自閉症の場合は「大柴胡湯」、イライラを抑えるには「抑肝散」、不安を穏やかにする「甘麦大棗湯」などです。

発達障害と診断され、自閉症の場合漢方薬は「大柴胡湯」を処方される事が多いようです。他にも、イライラを抑える「抑肝散」や、不安を穏やかにする「甘麦大棗湯」など、数種類あります。小さいころに夜泣きをした経験がある人は「抑肝散」を飲んだことがある人もいるかもしれませんね。

参考記事:相談してみよう!発達障害と漢方薬

ネットで調べたところ、これらの漢方薬はamazonなどでも購入ができます。漢方薬を考えている人は一度試してみてはいかがでしょうか。ただし使用する前は一度お医者さんに相談することをおすすめします。

自閉症への効果が期待できる「大柴胡湯

イライラを抑える「抑肝散

不安を穏やかにする「甘麦大棗湯

以上です。興味のある人は一度試し見てはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2
対人関係苦手レスポンシブル2
対人苦手リンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
googleスポンサーリンクと関連コンテンツ