「殺虫剤」が子供のADHDを引き起こす可能性、注意が必要

最近のアメリカの研究で「殺虫剤」が子供のADHDを引き起こす可能性があることが認められました。

研究によると、一般家庭で用いられている殺虫剤(ピレスロイド系殺虫剤)が子供(男の子)のADHDを引き起こす可能性があるそうです。殺虫剤でADHDになるリスクは3倍で、特に衝動性と多動性を引き起こす可能性が高いとのことです。

この「ピレスロイド系殺虫剤」は、従来の殺虫剤よりも「安全性」が高いことが売りだったようです。しかし残念ながらADHDに関しては安全性が低いどころか危険性のほうが大きいようです。今後の研究がさらに期待されます。

*ちなみに「ピレスロイド系殺虫剤」についてネットで調べたところ、一般に普及している虫よけスプレーなどによく使われているようです。

その結果、ピレスロイド系殺虫剤のバイオマーカーである尿中の「3-PBA」と呼ばれる物質が検出された男子では、検出されなかった男子と比較してADHDとなるリスクが3倍となると分かった。多動性や衝動性は3-PBA濃度が10倍になるごとに50%増えていた。女子ではこの化学物質とADHDの諸症状との関連性はなかった。

殺虫剤とADHDが関連、リスクが3倍に

参考サイト:殺虫剤とADHDが関連、リスクが3倍に

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

関連コンテンツ
googleスポンサーリンクと関連コンテンツ
スポンサーリンク