対人関係苦手な人にぴったり?家で仕事ができるSOHO・在宅ワークの求人サイト11選

パソコンを見る男性

勤め仕事をするなら必ず人と関わる必要が出てきます。人間関係が良好であれば問題ありませんが、人間関係がぐちゃぐちゃの職場も少なくありません。そんな場合、対人関係苦手な人は普通の人以上に精神的に消耗することでしょう。私もその一人で、人間関係がしんどくて仕事を転々としてきた人間です。

そんな対人関係苦手な人は、一度は人と関わらず家で仕事をしたいと思ったことはないでしょうか?家で仕事をすれば、人間関係で傷ついたり、精神的に消耗することはかなり減るでしょう。

幸いにも、現在はインターネットが発達していて、家にいながらでも仕事ができる機会が増えています。そこで対人関係苦手な人にぴったりな在宅ワークの求人サイトを紹介します。

私はもしかしたら対人関係苦手な人ほど在宅の仕事に向いているのかもしれない、そう思うこともあります。対人関係が上手であればあるほど濃密な人間関係の中で働きたいと思う人が多いでしょうから、わざわざ在宅で仕事をする必要もないと思うからです。

1.「ランサーズ」

ランサーズ」は有名なクラウドソーシングのサイトです。「簡単なライティング」から、「本格的なプログラミング」まで、求人数は日本一かもしれません。

私もここでライティングの仕事をしています。最高で月10万円くらい稼いだことがあります。

ライティングであれば特に「技術」や「資格」は必要ありません。最低「日本の義務教育を終えてさえいればできる仕事」という人もいます。

しかしライティングの場合は単価が結構安いのでこれだけで生活するというのは厳しいかなという気もします。ただし中にはライティングでかなりの金額を稼いでいる人もいるようです。

ライティングで稼ぐためのポイントは、最初は単価の安い仕事をたくさんこなしそれから徐々に単価の高い仕事へとステップアップしていくという方法です。「ランサーズ」で仕事をして経験を積んでいくと、その実績が評価されそのうち単価の高い仕事や直接指名を受ける仕事が増えていきます。

またもし技術があれば「Excelを使った仕事」「WEBデザイン」「プログラミング」「イラスト」「翻訳」などの仕事もあるので、チェックしてみるのをおすすめします。

参考記事:対人関係苦手の人におすすめ!WEBライティング

2.「クラウドワークス」

クラウドワークス」もクラウドソーシングのサイトです。内容はランサーズとほぼ同じです。ここでもライティングの仕事をしたことがあります。芸能記事をまとめるという仕事です。月3万円くらいにはなりました。

3.「Shinobiライティング」

Shinobiライティング」はライティングに特化したサイトです。ライティングの仕事を専門で探したい人はこちらがおすすめです。ただ個人的には単価が安い印象があるのですがどうなんでしょう・・・

4.「シュフティ」

シュフティ」も最近勢いのある在宅の仕事を紹介するサイトです。名前の通り、主に家で家事育児をしている主婦の女性を対象としているようです(ただし学生や主夫、ダブルワーク目的の人もいるもよう)。

私は利用したことないですが、ライティングやデータ入力、事務仕事などがあるようです。

5.「クラウディア」

【Craudia】クラウディア」も勢いのあるサイトです。ライティング以外にも様々な仕事があります。

6.「Freelancer」

Freelancer」は海外大手のクラウドソーシングサイトです。基本システムは「ランサーズ」と同じです。

ただし全世界から仕事が集まるので仕事の量はランサーズよりも豊富にある印象です。仕事の内容は翻訳や通訳、ライティングが中心だと思います。

登録画面は日本語ですが求人は英語が多いのである程度英語ができないと厳しいかもしれません。英語ができる人はぜひ。

8.「ココナラ」

ココナラ」は「自分の特技」を売ることのできるサイトです。

イラストや占いなど、様々な特技を売ることができます。500円から販売できます。私も利用していますがわりとサービスが売れます。単価は500円と安いですが、その後たくさん仕事をしていくと価格も高くすることができます。

9.「infoQ」

infoQ」はアンケートやゲームに参加してお金が稼げるサイトです。余った時間アンケートやゲームをしてお金を稼ぐことができるのでおすすめです。

10.「マクロミル」

マクロミル」はアンケートモニターになってお金を稼ぐことのできるサイトです。私も利用していますが、アンケートサイトの中ではかなりお金が稼げるサイトです。

11.「不満買取センター」

不満買取センター」は世の中の不満を買い取ってくれるという一風変わったサービスです。