母親の腸内細菌が少ないと子供が発達障害になる?

「母親の腸内細菌」と「発達障害」の関連可能性を明らかにした研究に関する記事です。

研究では、「腸内細菌が少ない母親から生まれた子どもに発達障害が現れる可能性がある」そうです。

福井大学の研究チームは20日、腸内細菌が少ない母親から生まれた子どもに発達障害が現れる可能性があることを妊娠マウスの実験で示したと発表した。

腸内細菌と発達障害の関連性というのは信じられないような感じがしますが、今後のさらなる研究が期待されます。

また記事では「妊娠、出産の時期にヨーグルトなどで腸内環境を整えることはリスク軽減や予防につながる可能性がある」と指摘されています。腸内環境を整えることで子供の発達障害のリスク軽減や予防につながるということのようです。

参考記事:母の腸内細菌減、子どもの脳に影響か 福井大チーム、発達障害と関連可能性

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
googleスポンサーリンクと関連コンテンツ
スポンサーリンク