発達障害者の処世術とは?

発達障害者の「処世術」に関する記事を紹介します。

発達障害者向けの処世術ですが、発達障害以外の、これは対人関係が苦手な人にも当てはまりそうな気がします。

発達障害者の処世術
・人並みの幸せは諦める
・障害のことは人前では一切口にしない
・どちらに進んでも悪い方向にしか行かないのだから、悪い中でもマシなほうの選択肢を選ぶしかない
・親しげに近づいてくる奴は見下して優越感を感じようとする自己愛性人格障害者か、いいように利用したり搾取しようと企む性悪定型のどちらかしかいないと心得るべし
・沈黙は金以上なり
・飲み会や宴席にはなるべく参加しない。参加しても一切喋らない
・冗談やジョークを言わない
・口に出すのは挨拶と感謝と謝罪だけにすべし
・人前で趣味や遊びの話は絶対に口にしないこと
・雑学的な知識を人前では見せないこと
・自分の得意分野の話題になっても一切口を開かないこと
・はしゃがない。笑わない。
・「心を開け」「自分を出せ」「言いたい事があるなら言おうよ」といった言葉に騙されるな
・定型の言う事には必ず裏があると心得るべし
・定型=嘘つき、二枚舌ということを心得るべし
・職探しは給料の額面よりも休日の多さ、残業の少なさ、一人作業が多い仕事かどうかを基準に選ぶ
・なるべく大規模な職場を選ぶこと
・人間関係はトラブルしか生まない
・人付き合いやコミュニケーション、ビジネスのハウツー本は発達障害者にとっては何の参考にもならない
・発達障害者が「馬鹿になれ」を真に受けて実行すると怒りや恨みを買うか、さらにバカにされるかしかないことを心得るべし
・絶対に自分を出さないこと
・孤立や孤独は発達障害者の運命だと思って諦めること
・他人と会話がしたいならネットの掲示板だけに留めておくこと

発達障害者の処世術

これらを見ていると、発達障害者の人は普通の人からのアドバイスというのを実行すると、余計に悪いことが起きる可能性があるということです。普通の人のアドバイスというのは、あくまで普通の人に対してのものです。それを発達障害者の人が実行すると、うまくいかないのかもしれません。これは自分でもよくわかります。

しかしさらに問題なのは、「心を開け」「馬鹿になれ」というアドバイスをする人は、心からアドバイスをしている可能性があるからです。別にそれで発達障害者の人を陥れようとか、馬鹿にしてやろうという意図はあまりないでしょう。ですから優しい人はその気持ちを汲んでアドバイスに従おうとするかもしれません。ただしそれでうまくいく保証はないのです。

これらの処世術の内容は少しネガティブな感じもします。しかし発達障害者の人が世の中でいろいろと苦労した結果の末悟った処世術という感じもしますね。世の中が生き辛いと思っている人は参考にしてみると良いかもしれません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
googleスポンサーリンクと関連コンテンツ
スポンサーリンク