ADHDの人は成功する?人を成功に導くADHDの10の特徴

対人苦手リンク

ADHDの症状は、必ずしも全てがネガティブなものではありません。ADHDのポジティブな側面を紹介します。

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2

1.「ADHDの人はエネルギーに満ち溢れている」

ADHDの人の典型的な特徴の一つは「エネルギーに満ち溢れ」て、「過度に活動的」だということです。

オリンピックの水泳選手「マイケル・フェルプス」がその例です。彼は13の世界記録を達成した偉大な選手であり、ADHDです。

彼は溢れるエネルギーの発散方法として、水泳を発見しました。それ以来そのエネルギーを使用してアスリートとしての才能を発達させ、見事世界チャンピオンになりました。

また北京オリンピックで金メダルを獲得した「アダム・クリーク」も、同じような経験を語っています。

「ADHDの子供にはスポーツをするよう勧めたらいいでしょう。そうすればその莫大なエネルギーをスポーツに使用できるので、障害に起因する問題を克服することができるようになります」と彼は言います。

2. 「ADHDの人は一つのことに没頭できる」

ADHDの特徴の一つは、「刺激的で見返りの得られるような仕事」に集中し続けられることです。

例えばADHDの子供の多くはコンピューターゲームに熱中します。「マイケル・フェルプス」はトレーニングの際にこの特徴を利用して、大きな効果をあげました。

またその他にもこの特徴を利用して大きな成功をしている人たちがいます。重要な鍵は、この能力を上手く利用し正しい方向に導くことです。

3.「ADHDの人は創造性を活用する方法を知っている」

多くのADHDの人たちは「驚くべき創造性」を持っています。彼ら/彼女らは絵を描くことや、音楽、ダンス、その他の創造的な活動で素晴らしい才能を発揮します。

これらの才能がさらに洗練されていくと、多くのADHDの人はこの創造性を仕事にしようと、キャリアの追求を始めます。作家や、マーケティング、パフォーマンスアート、建築などです。

例えば「フランク・ロイド・ライト」(有名な建築家)がその例です。また「アインシュタイン」もそうです。アインシュタインはADHDであり、彼はその創造性で物理学に革命をもたらしたのです。アインシュタインは次のように言っています。

「自分の思考様式を振り返って考えるとき、自分の「空想という才能」が「知識を吸収する才能」よりもさらに重要な意味を持っているという結論にたどり着きます。」

4.「ADHDの人は問題を解きたい」

ADHDの人は「問題の解決」を生きがいにしています。ADHDの人は、思わず頭を抱えたくなるような難しい問題の解決策を直感的に発見できるのです。

この特徴はADHDの人を政治やビジネスのリーダーにします。「ジェットブルー航空」の創設者である「デビッド・ニールマン」はその例です。彼は自分のADHDの特徴が自分のビジネスの成功に大いに助けになったと主張します。彼はそれを次の素晴らしい言葉でまとめています。

「私は複雑な問題から本質を抜き出し、シンプルな解決策を考えつくことができます。私は様々な産業で生じる問題を見るたびに、自分にこう話しかけます。「これをもっとよくするにはどうしたらいい?」。すると私のADHDの脳は自然によい方法を探してくれるのです。」

5.「ADHDの人はリスクを冒して行動する」

ADHDの症状に「衝動性」と「リスクを冒して行動する」があります。もちろんこれは一歩間違えれば他の人との関係性に問題が生じますし、車を運転している場合も危険が伴います。

しかしこれを上手く使えば、革新的なビジネスや芸術、科学を生み出すことが可能です。

その例があの「イケア」です。イケアの創業者イングヴァル・カンプラードは、「購入者が自分で組み立てる家具」というそれまでには例のない家具の販売を考え出しました。それは前例のないとてもリスクを伴うものでしたが、結局大成功を収めたのです。

6.「ADHDの人は「マルチタスク」を好む」

ADHDの人は「マルチタスク」を好みます。なぜなら仕事から仕事へと、様々な仕事を複数行うのが楽しいからです。ADHDの人の集中力が続く時間はとても短いので、これは完全にADHDの人にとっては自然なことなのです。

マルチタスクを好む大人のADHDの人は次のように語ります。

「何をするにしても、マルチタスクが必要です。事実、現に今も私は文字を入力しながら、コーヒー飲み、電話をしているのですから!もし私の脳が十分に刺激がされなくなったら、私は一気にだらけてしまうでしょう。」

またADHDで苦しむ多くの起業家は、起業のスタートアップの段階で成功を収めています。スタートアップの段階ではとても多くの複雑な仕事があるのですが、マルチタスクの才能を発揮して、それらを上手にさばいていくことができるからです。ADHDの人以上にマルチタスクを上手にこなすことができる人は他にいないでしょう。

7.「ADHDの人は簡単に諦めない」

ADHDの人は一つのことにこだわり続ける傾向があります。それはよく「頑固」と思われることもあります。しかし「継続」することはADHDの人が持つ数あるよい点の中の一つです。

この特徴は、ADHDの人が成功するのを助けてくれるものなのです。

8.「ADHDの人は支援と励ましで成長する」

「正しい支援と励まし」がADHDの人を成長させます。良い例は、キンコーの創設者であるポール・オーファラです。

彼は自らのADHDの症状によって大きなプロジェクトを考えることができ、また社員にうまく仕事を取り組ませることができる話します。

たいていADHDの子供は席の後ろに座り、先生の言うこともあまり聞きません。そして残念なことに、先生はADHDの子供の才能を見出すことができません。

なぜならADHDの子供は勉強に喜びと興奮を覚えるため、静かに勉強することがなかなか難しいからです。そうして、たいていのADHDの子供は「自分は他の人間とは違う」と感じるようになります。

9.「ADHDの人は感受性が豊かで思いやりがある」

驚くべきことに、成功者の75%は「感情的な知性」に従っています。成功者は共感的なのです。残りの25%は実際の技術と資格に従っています。

ADHDの人は感情と身体的な感覚の両方でとても敏感です。そのため他の人よりも、敏感に反応しがちなのです。

そのような敏感な感受性は仕事や生活の場で役に立ちます。もしあなたがADHDであるのなら、心の中で常にそのことを思っているといいでしょう。

10.「ADHDの人は楽しく面白い」

「笑い」は家や職場での緊張とストレスを減らすのを助けます。そして笑いの多い場所は、多くのADHDの子供と大人がいるのです。

ADHDの人はユーモアのセンスを持っていて、それは誇るべきものなのです。周りの人を明るくし、人生は暗いことばかりではないと思わせてくれるのです。

有名な俳優のウイル・スミスはADHDで、彼も自分自身を「集中力のない愉快なやつ」と表現しています。

ADHDには、ネガティブな面だけでなく、ポジティブな面もたくさんあるのです。

参考記事:10 Things that Make People with ADHD Highly Successful

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2
対人関係苦手レスポンシブル2
対人苦手リンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
googleスポンサーリンクと関連コンテンツ