発達障害傾向をチェックできる「アイスクリーム課題」

発達障害の傾向をチェックできる問題として、「アイスクリーム課題」というものがあります。

この問題は、標準的には小学校低学年でわかる問題です。しかし発達障害の傾向がある人はこの問題をわかる年齢が遅れがちであり、さらに中には大人でもわからないという人もいるそうです。

もし自分が発達障害かどうかチェックしたいという人は、この問題をしてみましょう。答えは問題の下にあります。

スポンサーリンク

「アイスクリーム課題」の問題


AとBは公園で遊んでいました。公園にはアイスクリームを売っている人がいます。それを見たら、Aはアイスクリームが欲しくなりました。しかしAにはお金がありません。

するとアイスクリーム屋は「ずっと公園にいるから家からお金を持っておいで」とAに言いました。Aはそれを聞いて、お金をとりに家に帰りました。

しかし、アイスクリーム屋は気が変わって、Bに「公園で待つのはやめて駅へ行く。」と言ってそこを立ち去りました。

一方、Aは家の近くでたまたまアイスクリーム屋に会い、駅に移動することを教えてもらいました。

その後Bはアイスクリーム屋が駅に移動したことを伝えようとAの家に行きました。するとAのお母さんから「Aはもうアイスクリームを買いに出かけたわ」と言われました。

さて、この時BはAがどこへアイスクリームを買いに行ったと考えましたか?

a0800_000397

「アイスクリーム課題」の答え

BはAが公園に行ったと思っていると考えます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
googleスポンサーリンクと関連コンテンツ