ADHDの人が会話で集中するための方法とは?

対人苦手リンク

ADHDの人は会話中に注意がそれ、別のことを考えてしまい、結局内容を聞いてなかったりすることがよくあります。

そんなことが続くと、人によっては怒り出す人もいるでしょうし、「馬鹿にされている」と思う人もいるかもしれません(もちろん馬鹿にしているわけではありません)。他人との関係を壊してしまう可能性があります。

このようなADHDの特徴を改善するためにはどうすればよいのでしょうか。そこでADHDの人が会話で集中するためのため方法を紹介します。

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2

「会話の全体的な意味を理解する」

全ての言葉に注意を向けようとするよりも、会話をしている人があなたに何を伝えようとしているのか、「会話の鍵となる部分」を理解しようとしましょう。

ちょうど「速読」をする人が全ての文章を読まないのと同じように、会話の全体の意味を理解するために、会話の全ての言葉に注意を向ける必要はないのです。

「逃した言葉はもう一度聞き返す」

会話中に注意がそれ、言葉を逃して聞けなかった場合、もう一度言ってもらうように頼みましょう。

たとえば「最後の部分をもう一度言ってもらえませんか?」と言いましょう。これを悪いことのように思う必要はありません。

多くの人は会話をする人に迷惑になるのではないかと思うかもしれませんが、話を聞き返すことは会話ではよくあることです。

またこれは「お世辞」にもなります。言葉を何度も聞き返すということは、それだけその言葉が価値あるもので、きちんと理解したいということを意味するからです。

「会話の内容を要約する」

もし会話中にあなたの意識が「宙をさまよってしまう」なら、会話の内容を「要約」することは重要な戦略となります。

たとえば「わかりました、要点をまとめると、あなたは火曜日までに私にXとYとZのことをしてほしいということですね。」と要約します。

もし要約の内容が一部間違っていたら、話をしている人はあなたに知らせてくれるでしょう。要約は誤解をなくす助けにもなるのです。

「感情的な混乱に対処する」

会話中に「感情が乱れる」ことがあります。

会話の内容によって、怒りや悲しみ、幸せなど、いろんな感情が生じます。そしてそれがどんな感情であれ、感情はあなたを混乱させ、会話で集中するのを難しくさせます。

このようなことが起きた時は、静かに自分の意識を感情の乱れから会話のほうに戻すように試みましょう。そして会話の後に感情がどのように生じたのか、そのの経過をノートに書き留めましょう。

「「そわそわ」する」

大人になると、落ち着かずに「そわそわ」するのは許されず、じっと座っているよう言われます。

しかしながら、実は「そわそわする」ことは、会話での集中力を改善するために役に立つツールです(*そわそわすることで、緊張感をほぐす)。

結婚指輪やネックレスの一部をいじったり、手でペンを回したり、足を静かにぶらぶらさせたりすることで、そわそわすることができます。

うまく「そわそわ」するためのポイントは、目立たないよう微妙にそわそわすることです。

「体を動かす」

会話に集中できない理由には、身体的な要因もあります。

会話中おなかが空いていたり、疲れていたり、長い間座っていたりすると、集中できずに体を動かしたいと感じることがあるでしょう。

そんな時は会話をしながらでもしばらく簡単に歩き回るといいでしょう。

「外部の気が散る要因に対処する」

会話中、会話の外で気が散るようなことがあると、会話に集中することはとても大変です。外部からやってくる気が散る要因はその全てを避けることはできません(例えば、近所の犬の鳴き声など)。

しかし電話の着信音や、テレビを消すこと、コンピューターから離れることはできますよね。自分のできる範囲での、気が散ることは減らしていきましょう。

「口元を見る」

会話のときに相手の口元を見ることは、その相手が話している内容を理解するのに役に立ちます。

読唇術までできるようになる必要はありませんが、口の動きを見ることは、相手が話す言葉を理解するのに役に立ちます。

「退屈な状況を避ける」

ADHDの人は、「退屈を我慢する力」が弱いです。

もしADHDの人が退屈を感じると、注意が散漫になり、意識は別のほうに向かい始めます。

もちろん退屈な状況や退屈な人を完全に避けることは不可能です。しかしできるだけ意識して退屈なことを避けるようにしたほうがよいでしょう。

「メモをとる」

可能な時はいつでも、メモをとりましょう。会話中メモをとっても他の人は嫌がらないでしょう。むしろあなたのメモを取る姿に感銘を受けるはずです。それだけ会話を真剣に聞いているということだからです。

メモをとる行為は、相手の言うことに集中し、その後記録もとれるので役に立ちます。

参考記事:10 Ways to Pay Attention in Conversations

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2
対人関係苦手レスポンシブル2
対人苦手リンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
googleスポンサーリンクと関連コンテンツ