コミュ障を劇的に改善する、簡単で一人できてお金もかからないトレーニングとは?

対人苦手リンク

ネットを見ていると、コミュ障の人はとても多い印象があります。私自身もコミュ障であると思っています。コミュ障だと、仕事での人間関係からプライベートまで、様々な場面で苦労することが多いですよね。

そんなコミュ障の人にとって朗報です。コミュ障を劇的に改善するトレーニングという記事が話題になっています。

コミュ障とはコミュニケーション障害を略したネットスラングのことで、人とまともに話すことができない、極度の人見知り、どもり、対人恐怖症の人のことを指す。企業が採用選考時に重視する要素は10年以上連続で「コミュニケーション能力」が第1位となっているというデータもあり、コミュニケーションに自信がない就活生などは怯えきっている...

コミュ障は、例えば発達障害よりもどちらかというと努力で改善が見込めるような印象もあるので、トレーニングで改善できるというのもありえるかもしれませんね。そしてそのトレーニング方法はとても簡単でしかも一人でできます。お金もかかりません。

そのトレーニングの方法ですが、ずばり「音読」をすることだそうです。

コミュ障を改善するトレーニング。
コミュ障の人間にとって最もハードルが低く、一人でできる最も効果的な訓練はこれしかない。

それは、「音読」である。文章を声に出して読む。ただこれだけである。

コミュ障になる要因は人によって様々であるが、全体的に言えるのはコミュ障の人は前頭葉の機能が低下しているということである。

人間の脳が他の動物に比べ顕著に発達している部分が前頭葉である。コミュニケーションや感情のコントロールは主に脳の司令塔である前頭葉が司っており、言語を前頭葉で巧みに用いることで人は社会を確立し、文明を発展させてきた。
コミュニケーションに難があるアスペルガー症候群の人の脳をfMRIで測定すると前頭葉の神経活動が低下しているというデータも発表されている。

「音読」をすると前頭葉が刺激され、その機能を向上させる。
コミュ障を劇的に改善するトレーニング法

人は脳の前頭葉の神経活動が低下していると、コミュニケーションに障害が生じるそうです。そして音読は、その前頭葉の神経活動を活発化させる効果があるそうです。したがって、音読はコミュ障を改善するのに役立つそうです。

また音読するのに適した本は、「読んでいて少し難しいと感じるくらいの本が良い。新書などはほどよく文章が硬く、まとまっていて音読しやすいものが多いように思う。」ということです。

音読だったら気軽にできるので、試しにやってみたらいいかもしれません。また英語の本などを読めば、英語も勉強できて一石二鳥ですね(笑)

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2
対人関係苦手レスポンシブル2
対人苦手リンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
googleスポンサーリンクと関連コンテンツ
スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2