アスペルガー症候群に見られる会話の6つの特徴とは?

対人苦手リンク

発達障害の一つである「アルペルガー症候群」の人は、コミュニケーションが苦手なことが特徴です。

それでは、アスペルガー症候群の人のコミュニケーションには、具体的にどのような特徴があるのでしょうか?

そこで、具体的な特徴を紹介します。

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2

アスペルガー症候群にみられる6つの会話パターン

以下がアスペルガー症候群にみられる会話のパターンだそうです。これに当てはまる人はアスペルガーの可能性があるそうです。

(1)“KY”な会話

ママ友たちが担任の悪口で盛り上がっているのに、ふと美味しいケーキ屋のことが頭に浮かぶと「ねえねえ、新しく出来たケーキ屋のことなんだけど」と口を挟んで話を中断させてしまう。そして皆がドン引き。

(2)「お風呂のお湯見てきて」「ご主人様はおられますか」と電話

→言葉通り“見て”くるだけでお湯を止めない。「主人はおります」と言うだけで電話を代わらない。

(3)ルールを守らない人を見過ごせない

(4)「ちょっと太っているね」と誰それ構わず言ってしまう

(5)社交辞令を使えない

(6)「あさイチって何時?」

上司から「出来るだけ多くデータを集めるように」とか「あさイチで提出」と言われてもよくわからない。データを10個がいいのか100個必要なのか。あさイチとは午前7時なのか9時なのか? 具体的に数値を言ってもらわないとわからない。

もしこのパターンが多く当てはまる人は、一度精神科のほうに相談してみると良いそうです。

また、他の人とのコミュニケーションがうまくいかない場合は、あらかじめ「自分はアスペルガーであることを周囲の人に話しておく」ほうが良いそうです。

参考記事:それって発達障がいかも?「アスペルガー症候群」に見られる会話パターン6つ

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2
対人関係苦手レスポンシブル2
対人苦手リンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
googleスポンサーリンクと関連コンテンツ