ポケモンGOが「自閉症の少年」を救った!?母親が任天堂に感謝

ポケモンGO」は今大人気のゲームですが、自閉症にも良い影響があるようです。

アメリカで、自閉症の少年の母親が、SNSで任天堂に感謝の言葉を書いたそうです。

自閉症の少年は「ポケモンGO」をゲームすることで、自閉症の症状に改善が見られたそうです。

「ポケモンGO」が米国などを中心に、社会現象を巻き起こしているのが日本でも報じられ、配信を心待ちにしている方も多いだろう。スマホを持って出かけ、実際に街中でポケモンのキャラクターを探すゲームだそうだが、

母が綴る息子の変化はおよそ以下のとおり。

ママ友に勧められて息子に「ポケモンGO」をやらせてみて正解でした。本当に驚くことばかり!

ラルフィーはパン屋で初めてキャラクターを捕まえると大興奮。「次のを捕まえるんだ」と言って外に飛び出して行きました。

同じく「ポケモンGO」をやっている男の子と出会うと、お互いに情報交換。知らない子ときちんと話はしているし、ハイタッチまで交わしていたのです。

知り合いの女性から、公園にポケモンがたくさんいると聞けば、今まで夜の公園など行ったこともないのに、「今すぐ行きたい」と言い出す始末。

いつもの習慣を変えることなど決してなかったのに、あっさりしたものだなと驚きました。

この少年、普段は「非常にこだわりが強く、何事もいつも通りでないとパニックを起こすという。知らない人と話をしたり、目を合わせたりすることもないそうだ。」そうです。

しかしポケモンGO」をゲームすることで、行動が新しく変わり、知らない人と話をすることができるようになったそうです。
素晴らしい変化ですね。

また「ポケモンGO」は、もしかしたら発達障害(ADHDやアスペルガー)の人にも良い影響があるのかもしれません。

今後も「ポケモンGO」に目が離せません。

参考記事:「任天堂ありがとう」自閉症の少年に対するポケモンGOの効果が奇跡的

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
googleスポンサーリンクと関連コンテンツ
スポンサーリンク