「ポケモンGO」がうつ病や不安神経症を改善する!?

pokepoke20160714575312_TP_V

ポケモンGOは全世界で大ブームを引き起こしている任天堂のゲームです。

その「ポケモンGO」ですが、専門家によるとうつ病や不安神経症の改善効果が期待できるそうです。

Twitterには『Pokemon GO』のおかげで外出でき、友達や見知らぬ人とのやり取りが楽になったと喜びの声が溢れていますが、これがメンタル不調と取り組む第一歩になるとか。うつ病のときはモチベーションがないも同然で、新鮮な空気を吸ったりシャワーを浴びたり考えることさえ難しい。そこでゲームが強い動機づけになるわけです。

「ポケモンGO」がうつ病や不安神経症を改善する 精神医学の専門家「前例ない効果」

「ポケモンGO」をすることで外出をする機会が増え、人とのコミュニケーションが増えたり、運動をする機会につながるということでしょうか。

確かに人と会わず家にずっとこもっていると、よけいメンタルが悪化しますよね。ゲームが外へ出るモチベーションにつながるなら良いことだと思います。

スポンサーリンク

ゲーム依存症の心配も・・

ただし、ポケモンGOにはマイナス面もあるような気がします。

たとえば、ポケモンGOをやりすぎて、ゲームの依存症になったりしないか心配です。

すでに海外では「ポケモンGO」をやるために会社を辞める人も出ているようです。

しかし普通のゲームだと家にこもりっぱなしになると思うので、普通のゲームと比べると良い点は多いようにも思います。

「ポケモンGO」はまだリリースされたばかりなので、今後、ゲームをする人にどのような影響が出てくるのか、とても興味深いです。

参考記事:「ポケモンGO」がうつ病や不安神経症を改善する 精神医学の専門家「前例ない効果」


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
googleスポンサーリンクと関連コンテンツ