「ピッキング」のアルバイトは対人関係苦手な人にお勧め?

対人苦手リンク

アルバイトを探していると、よく「ピッキング」の仕事を目にしませんか?

実は「ピッキング」のアルバイトは、対人関係苦手な人にお勧めの仕事です。というのは、ピッキングの仕事はグループ行動が必要とされない、一人で黙々とする仕事だからです。仕事も年中募集があります。対人関係苦手な人は一度仕事をしてみたらいいかもしれません。

しかしピッキングのアルバイトって、具体的に何をするのでしょうか?

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2

ピッキングのアルバイトはどんなことをするの?

ピッキングのアルバイトは、倉庫から品物を取り出して、まとめる仕事です。品物には、衣料品、食品、日用雑貨、酒類、本、小物などがあります。

わかりやすい例で言うと、コンビニエンスストアに箱に入った品物が届けられる場面を見たことがある人も多いでしょう。その箱に入っているのは、コンビニが発注した品物のことです。例えばお菓子やおにぎりが何個必要などのことです。

そしてその発注された品物を詰める作業が「ピッキング」です。

品物はそれほど重いものはありませんので、力仕事が苦手な女性でもできる仕事です。ただし倉庫内をあちこち動き回るので、体力は必要です。

「摘取り形ピッキング」と「種蒔き形ピッキング」

ピッキングには2つの種類があります。それは、「摘取り形ピッキング」と「種蒔き形ピッキング」です

「摘取り形ピッキング」は、自分で箱を持ち、倉庫の中を歩き回って商品を取り揃えていく作業です。倉庫の中を歩き回るので、ある程度体力が必要です。また、速く正確に商品を探す必要もあります。

「種蒔き形ピッキング」は、担当の商品をコンベヤに流れてくる箱に入れていく作業です。こちらは流れ作業なので、体力はあまり必要ありません。

対人関係苦手な人は、ピッキングのアルバイトがお勧め?

ピッキングのアルバイトは、対人関係苦手な人がお勧めです。

というのは、ピッキングは基本的に一人で行うからです。集団で何かをすることはありません。したがって、他の人とコミュニケーションをする必要がないのです。

一人で黙々と仕事がしたい人はきっといいでしょう。

ピッキングのアルバイトは「バイト探しはシフトワークス」や「フロム・エー ナビ」などで探せます。

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2
対人関係苦手レスポンシブル2
対人苦手リンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
googleスポンサーリンクと関連コンテンツ