無能な人は職場を変えたら無能じゃなくなるかも?

私もそうなのですが、職場で仕事ができない人とされると、自分は能力がない、無能な人間だと思うようになります。しかしその考えは間違っているのかもしれません。

というのは、無能なのはあくまでその職場でだけであって、職場を変えれば無能ではなくなる場合もあるからです。つまり、自分自身が無能なのではなく、単に職場が合わなかっただけということです

以下の記事でもそのことが指摘されています。これを書いた人は、ある職場では無能とされ、ある職場では有能になるという経験を何度かしているようです。

社会人になって15年。転職回数5回。気づけば中年のオッさんだ。最近、「社会人は思ったより楽しい」とか、「社会人は辛い」というエントリーが…

社会人になって15年。転職回数5回。
気づけば中年のオッさんだ。
最近、「社会人は思ったより楽しい」とか、
「社会人は辛い」というエントリーが多数上がってるので、
俺も経験を書いてみたいと思う。

結論から言うと
「会社で無能扱いされたら自分の能力を悲観するより、会社に合ってない」
と考えたほうがいい。

もし、今「無能」と言われて苦しんでる人がいたら
色々と動いてみたら良いと思う。
貴方を必要としている職場は確実にあるし、
楽しい職場もつらい職場もある。
無能と言われるような状況に身を置くのはやめたらいい。
大丈夫。無能な人間はいない。
無能にされてしまう場があるだけだから。

この人の経験はとても興味深いですね。

今仕事ができず、職場で無能とされている人も、もしかしたら職場が単に合っていないだけなのかもしれません。無能か有能かを判定するのは周りの環境やその場の人たちだからです。そして環境や人が変わればその評価も変わる可能性はあります。

ですから無能とされ苦しい思いをしている人は、無能とされないような職場を探すというのも大切なのかもしれません。もちろん有能になるような努力も必要だとは思いますが。

転職活動は「【ハタラクティブ】」や「アイエスエフネットジョイ」(障がいのある方向け)などがおすすめです。

参考記事:無能と思われたら職場を変えたらいい

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

関連コンテンツ
googleスポンサーリンクと関連コンテンツ
スポンサーリンク