対人関係苦手な人は軽作業のアルバイトがおすすめ?

段ボール箱

対人関係苦手な人は、軽作業のアルバイトがおすすめです。

軽作業のアルバイトは、基本的にほとんど人と接することはありません。対人関係で消耗することのない仕事と言ってよいでしょう。特に1日だけのアルバイトの場合、一緒に働く人はその日限りです。ですから、嫌な人がいたとしても、その日だけ我慢すればいだけです。

軽作業のアルバイトは、食品工場や、倉庫の仕事が多いと思います。両方とも単純作業ですね。たとえばお弁当の容器におかずを入れたり、ペットボトルのキャップにおもちゃをつけたりする作業です。

私の学生時代、友人の多くは某有名なパン工場で軽作業のアルバイトをしていました。噂では仕事の休憩中はパンが食べ放題だそうです。本当かどうかはわかりませんが・・・。仕事はパンにトッピングをしたりする単純作業が多いようでした。

倉庫の仕事はピッキングの仕事に近いですね(「ピッキング」のアルバイトは対人関係苦手な人にお勧め?

スポンサーリンク

「軽作業は体力がなくても大丈夫」

「軽」作業ですから、体力もあまり必要ありません。女性でもできますね。

逆にいうと「軽」作業と書いていない求人は、体力的にハードな作業が多いように思えます。また危険な作業も多いでしょう。

ただしときどき軽作業という求人でも、かなり体力的にハードな作業の仕事が含まれている場合もあります。ですから求人の内容はきちんと確認したほうがいいと思います。特に体力に自信のない人は重要です。

「軽作業は繰り返しの作業を延々行う」

軽作業の仕事の多くは、同じ作業を繰り返し行うことが多いです。

「やりがい」などはあまりないと思ったほうがいいでしょう。

また、慣れてくると時間が過ぎるのがとても遅く感じられます。早く時間が過ぎてくれー!と祈るような気持ちで仕事をします。

ですから退屈な作業を延々と行うのが苦手な人には向いていないかもしれません。ADHDの人の中には退屈な作業に耐えられないという人もいるかと思います。

ただしこれは「優先順位」の問題のような気もします。退屈な作業でも人間関係がないほうがいいのか、人間関係よりも退屈な作業がないほうがいいのか・・。自分の適性や好みを考えて選んだほうがいいですね。

軽作業の求人はどこで探す?

軽作業の仕事はインターネットや求人雑誌で探すことができます。人気があるので、求人が出た途端応募が殺到するということも少なくありません。常に求人をチェックしておく必要があるかもしれません。

軽作業の仕事は、アルバイトなら「バイト探しはシフトワークス」などで探せます。

また工場の軽作業をしたいなら、「工場系シゴト情報求人サイト「工場求人ナビ」」がおすすめです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
googleスポンサーリンクと関連コンテンツ