大切な人(彼氏/彼女/子供)がADHDの場合、してはいけない22のこと

対人苦手リンク

あなたの大切な人、「子供」「彼氏」「彼女」「夫」「妻」がADHDだという人も少なくないでしょう。

しかしADHDではない人にとって、ADHDの人の行動や考え方は理解できないことが多いかもしれません。

それでトラブルになることもあるでしょう。

そこでADHDを持つ大切な人と上手に接していく方法を紹介します。

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2

1.「ADHDであることを否定せず、ADHDであることを認める」

あなたの大切な人の問題をはっきりと「ADHD」と呼びましょう。問題をADHDが原因だと考え、ADHDであることを認め、ADHDについて話をし、ADHDから逃げることを止めれば、あなたの人生はより生きやすくなるでしょう。

まずは「ADHD」だとはっきり認めることが、ADHDから自由になる最初のステップです。恥ずかしく感じることは全くありません。歴史上の大きな貢献の多くは、ADHDを持つ人によって行われてきました。科学者、作家、芸術家、音楽家、起業家で成功したADHDの人たちは、普通の人には持っていない創造的な視点を持っていたのです。

2.「批判しない-好意的に判断する」

あなたの大切なADHDの人が、困難に立ち向かい、戦っているということに気が付きましょう。それがあなたの基準からしたら十分ではないと感じられてもです。ADHDの人を励まし、十分な時間を与えましょう。

ADHDの人はスケジュール通りに物事を終わらせられないことが多いです。おそらく締め切りにはだいぶ遅れるかもしれません。それは心に留めておきましょう。ADHDの人が仕事を終わらせるための「時間」や「居場所」を十分に与えてあげましょう。ADHDの人に効果的なのは、「批判」ではなく「愛」なのです。

3.「言い訳を認めない-目標を達成できるよう、励まし、鼓舞しましょう」

ADHDだからといって、無責任なライフスタイルが許されるわけではありません。重要なのは、あなたにとっては「簡単」なことがADHDの人にとっては「難しい」ということです。

あなたにとっては簡単に思われる仕事、例えば、「メールを開き」、「迷惑メールをゴミ箱に入れ」、「請求書を支払いフォルダに入れる」ということが、ADHDの人にとってはまるで「エベレストを登山する」ことのように思われるのです。

このことは、ADHDではない人には理解ができません。しかしたとえ疑いや失望を持っていても、励ますことが大切です。

4.「コーチにはならない-チアリーダーになりましょう」

ADHDの人に対しては、「コーチ」ではなく「チアリーダー」になりましょう。

コーチは時に相手をけんか腰に批判することもあります。なぜならコーチの仕事は「欠点を指摘する」ことだからです。一方チアリーダーは批判をしません。ただ相手が成功することを信じ応援するだけです。

大切な人に、あなたが同じチームの一員であり応援していることを伝えましょう。

3.「実現できそうにない要求はしない-できそうなことだけを求める」

どんなにあなたが望んでいても、ADHDの人はあなたの望み通りにはいかないということを知りましょう。

6.「上から物を教えるやり方はやめましょう-敬意を持って接しましょう」

もし何か言いたいことがあったら、適切な時に適切な言葉を選んで言いましょう。会話のタイミングはとても重要です。それであなたのことをきちんと聞いてくれるか、それとも無視されるかが決まります。

話をする時間をあらかじめ計画しましょう。「支配」ではなく「愛」が生まれるよう、あらかじめ事前にリハーサルをしてから会話を始めることが大切です。

7.「衝動的になるのは止めましょう-忍耐を覚えましょう」

ADHDの人の中には衝動的になる人もいます。

しかし衝動的な人に対して、あなたも衝動的になってしまったらお互いに感情的に反応してしまうことが多くなります。しかしそれでは幸せな結果は生まれません。相手が衝動的になっていてもできるだけ冷静でいるように心がけましょう。

8.「「殉教者」にはならない-応援を求めましょう」

あなたの戦いを助けてくれるサポートチームを持ちましょう。全てを一人で管理しようとしてはいけません。友人、セラピスト、信頼できる身内の人を呼びましょう。話を聞いてくれる人を探しましょう。

もしアドバイスや提案を望んでいないなら、安心できる悩みを聞いてくれる人が、あなたを強くしてくれ、あなたの見方を変えてくれます。

9.「ポジティブな結果が生まれるように、目標を見定めて行動する」

「あんなこと言わなければよかった・・」と言った後で後悔するようなことが時々あります。しかしもう取り消すことはできません。人を傷つけるような言葉は後に深い傷を残します。

「目標」を常に心に留めておきましょう。あなたは何を成し遂げたいのですか?これを言ったり行ったりしたら、マイナスの結果か、プラスの結果、どちらを生むだろうか?と自分自身に問いかけましょう。

どのような結果が生まれるのかは、究極的にはあなた次第です。落ち着いて行動する前に一度考えるようにしましょう。

10.「「罪悪感」を感じない-ベストを尽くしていることを知る」

大切な人を愛するのが難しい、行動が好きになれないと感じると悲しい気持ちになります。もしあなたが親で、子供の行動に困っていたら「罪の意識」にさいなまれるかもしれません。

しかしそれはあなたの失敗ではないのです。あなたはベストを尽くしているのです。あなたは困難な状況にいて、常にベストの方法がわかっているわけではありません。自分を大切にしましょう。

11.「彼/彼女をコントロールしようとするのは止める-自分自身をコントロールする」

相手を「威圧」したり「脅迫」して変化を促すという方法は、基本的に効果がありません。人をコントロールしようとする方法は決して効果的ではないのです。あなたの大切な人のやる気を起こさせる方法がわからないときは、方法をどのように変えたらよいかを考えましょう。

基本的に人は他人をコントロールすることはできないことを知りましょう。コントロールできるのは、ただあなた自身とそれに対する相手の反応だけなのです。

12.「常に前進を続けるのは止める-時には一歩後ろに下がる」

あなたが望む結果を達成するために、ただ前に進み背中を押すというやり方は、最も効果的な方法ではありません。

ストレスが増え、叫びたいような気持ちになったときは、立ち止まって一歩後ろに下がるのも大切です。一歩後ろに下がることで、深呼吸する時間が生まれ、頭の中をリフレッシュできるのです。

13.「「決め付け」は止める-共感的になりましょう」

「決め付ける」のは簡単ですが「共感」は難しいことを知りましょう。彼/彼女を「忘れっぽい、怠け者、整理整頓ができない」または「決して成功しない」人間として決め付けるのは止めましょう。

もし相手をいったん決め付けてしまうと、それからは相手を偏見の目で見るようになってしまいます。しかもそれはなかなかすぐには止められません。人というのは「あなたがどう見るか」で決まるのです。

14. 「「絶対」は言わない-全ては変化する」

時間が長引くにつれてこの大変な時間は「永遠」に続くのではないかと思ってしまいます。しかし物事は良い方向に進みます。それを信じてください。

「絶対」は希望のない言葉です。「まだ」と言いましょう。唯一変化しないことは「変化する」ということだけなのです。

15.「早く!」とは言わない-彼/彼女ができないことを理解する

普通の人は、ADD/ADHDの人が簡単なこと、例えば支払いをする、書類を整理する、服を片付ける、などがどうしてすぐにできないのかを理解できません。

しかし覚えておいてください、理解できないのはADHDの人も一緒なのです。ADHDの人自身も、なぜ自分が支払いやメールの整理がうまくできないのかがわからないのです。

16.「手助けするのを恐れない-時には救いの手を差し伸べましょう」

大切な人に責任と自立を教えることは重要です。しかしまた、手助けが必要な場合もあるということを覚えておいてください。

あのアインシュタインでさえ、彼を助けてくれる人が必要でした。彼の妻は彼のために料理を作り、洗濯をしました。なぜなら彼は宇宙の量子の仕組みを発見するのに忙しすぎて、汚い靴下を洗濯機に入れる余裕もなかったからです。

17.「非現実的な期待をしない-好きなところのリストを作る」

愛する人をそのまま受け入れましょう。他の人の関係と同じように、良いところを探し、そこに注意を向けましょう。あなたの大切なADD/ADHDを持つ人の、素晴らしい資質をけして見逃さないようにしましょう。

18.「家族の他の人をおろそかにしない-一緒に時間をすごす」

家族の中にADHDの人がいる場合、彼/彼女の世話に一生懸命になってしまい、家族の他の人をおろそかにしてしまうことがあります。

しかしできれば家族の他の人とも一緒に時間を過ごしましょう。彼/彼女もまたあなたを必要としているのです。

19.「怒らない-平穏を保つ」

あなたの家族と人生を平穏にすることを最優先にしましょう。怒るのは簡単ですが、平穏に過ごすほうが実は難しいのです。

あなたの「感情」よりも相手との「関係性」を重視しましょう。頭に浮かんでくることを全て言葉にする必要はありません。怒りが静まるまで自分のことは脇においておきましょう。

しかしだからといって相手の理不尽な行為をすべて受け入れる必要はありません。それは時に不健康で嗜癖的な関係性になります。その場合は専門家を探して助けを求めてください。

20.「あなた自身を愛することを忘れない-幸せになることをしましょう」

ADHDの人との関係は、時に生活の楽しみを吸い取ってしまいます。あなたはもう何か月も自分が笑っていないことに気づくかもしれません。笑顔の作り方も忘れ最後に楽しみを感じたのはいつかどうかも思い出すことができません。

あなた自身のために時間を作りましょう。何か幸せになれることをしましょう。何か楽しめることをしましょう、そしてそれを続けるのです。

21.「ネガティブにならない」

今日、ストレスや困惑することがあっても、明日になれば消えているものです。

22.「細かいことで消耗しない」

子どもに「妥協」しましょう。

もし子供が、言われたことの3つのうち2つを終わらせたが、まだ一つ残っていても、それで怒らないようにしましょう。

参照記事:If You Love Someone Who Has ADHD, Don’t Do These 20 Things / Parenting Tips for ADHD: Dos and Don’ts

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2
対人関係苦手レスポンシブル2
対人苦手リンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
googleスポンサーリンクと関連コンテンツ