ベラルーシで「ニート罰金法」が法案に!

対人苦手リンク

ベラルーシで、最近凄い法案が誕生しました。

いわゆる「ニート罰金法」と言われるもので、「半年間職に就かず納税していない国民に罰金を科す新法案」です。具体的な内容は、「健康な国民の就労を促し、国家支出の財源作りへの参加を義務付ける憲法の尊重を強調する」のが狙いだそうです。

もしこの法律に違反すると、罰金を約3万円払わなければいけなくなるそうです。そして支払わなければ拘束され、地域のボランティアをさせられます。ただし未成年や障害者、学生、55歳以上の女性、60歳以上の男性は除かれます。

日本でもニートや引きこもりが問題になっていますが、まさか法律違反とはなっていませんよね。確かに勤労の義務は憲法に書かれていますが、罰則はありませんので別に働かなくても犯罪として逮捕されるわけではないのです。

日本でも将来このような法案が生まれないといいですね・・

参考記事:ベラルーシの「ニート罰金法」が国際社会から大批判浴びる理由

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2
対人関係苦手レスポンシブル2
対人苦手リンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
googleスポンサーリンクと関連コンテンツ
スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2