対人関係が苦手な人は「山奥ニート」がおすすめ?

対人苦手リンク

対人関係が苦手、対人関係で疲れ果てたという人は、一度は人が誰もいないところで自給自足で暮らしたい・・と思ったことがあるのではないでしょうか?

しかし実際に行動を移すことはなかなか難しいのも現実ですよね。しかしそんな理想的な暮らしをしている人たちがいるようです。

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2

山奥で暮らす山奥ニート

和歌山県の山間部で地元の人たちの仕事を手伝いながら、わずかな収入で自由気ままに生活している若者たちがいる。あくせく働かず、自然に恵まれた環境で好きなことをしながら暮らす“山奥ニート”たち。かつて引きこもりだった人もおり、「楽しく暮らすのが一番」とも。そんな彼らに地元の人たちも好意的だが、こうした「自由な生き方」は新しいライフスタイルとして定着するのだろうか。

山奥ニート”増殖 あくせく働かず自由…新しい生き方!?

かつて引きこもりだった人もいるらしく、対人関係苦手な人たちという印象もあります。

記事によると、ひと月2万5千円で暮らしているとのこと。地元の人の手伝いをしたり、短期バイトで収入を得ているようです。田舎だと対人関係がめんどくさいのではと思ってしまいますが、地元住人は8人で、全員70代とのこと。それで若者は歓迎されているようです。住人も少ないし高齢ということで、あまり対人関係も大変そうではなさそうです・・・

ただしこの山奥ニートの人たちは、他の人たちと共同生活をしています。対人関係が苦手な人は、共同生活が苦手という人もいるのではないでしょうか・・・

また他にも田舎に安い土地を買って自分で小屋を建てて暮らす、小屋暮らしも密かに人気ですね。

税金は? 排水は? 「小屋暮らし」の理想と現実

いざとなったらこういう生活もありなんだと思えれば、対人関係に疲れ果てても希望が持てるのかもしれません。

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2
対人関係苦手レスポンシブル2
対人苦手リンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
googleスポンサーリンクと関連コンテンツ