マインドフルネスはADHDの症状を改善する!?

対人苦手リンク

「マインドフルネス」という言葉を知っていますか?これはストレスに対処するための瞑想のようなものです。

欧米ではすでにビジネスの現場や教育・医療機関で取り入れられています。有名なところではあのgoogle社が、社内でマインドフルネスを利用しているそうです。

この流れを追うように、日本でも最近になって注目を集めています。

このマインドフルネスですが、最近の研究で、ADHDの人の症状(集中力や注意力、多動、自己を制御する能力)を改善できることが明らかになっています。

アメリカなどでは、現在、多くの医師や教育者がADHDの人にマインドフルネスを教えるようになっています。ただADHDの人に教えるときは、視覚的な補助を加えるなど、ADHDの人が学習しやすいようになっているそうです。

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2

マインドフルネスとは?

マインドフルネスは主に以下の2つのステップを含みます。


1.現在の状態に意識を集中する
2.開放的で、好奇心と受容性のある態度を保つ(何も決めつけない)

この2つのステップは「瞑想」の間一日中行われます。このようにして、マインドフルネスを学ぶ人は一瞬一瞬に生じるパターンとかすかな変化に注意を払うことを学ぶのです。

これを学ぶことで、たとえば、人との会話中に自分が会話の進行を邪魔するようなことをしていると気が付けるかもしれません。邪魔をしていると気付いたら、次は邪魔をするような衝動が起きた時に、そうしないように気を付けることができます。

マインドフルネスのその他の研究

マインドフルネスは子育てをする母親にも効果がある?

バージニア・コモンウェルス大学の研究によると、マインドフルネスを行った母親は、その後子どもに対する行動が変化し、子どもをより受容できるようになったそうです。

そして子どもとの交流で得られる満足感が増え、子育てに幸せを感じられるようになったそうです。

マインドフルネスは脳の実行機能を改善する?

またマインドフルネスは、子供の脳の「実行機能」を改善することもわかっています。

ウィスコンシン大学マディソン校の研究によると、マインドフルネスは小学生の子供の実行機能を改善するという研究結果が出たそうです。特にその中でも比較的実行機能が弱い子供に効果があったそうです。

実行機能は行動を制御し、物事を順序立てて計画し、注意を保つための能力です。ADHDの人はこの脳の実行機能に問題があると言われています。(ADHDと「実行機能」

参考記事:Mindfulness Skills Useful in Addressing ADHD

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2
対人関係苦手レスポンシブル2
対人苦手リンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
googleスポンサーリンクと関連コンテンツ