「8.5時間」以上睡眠をとればうつになりにくい?東京大学の調査で明らかに

「睡眠不足」がうつの原因になることはよく知られています。うつになる人の多くは、働き過ぎなどで睡眠時間がほとんど取れていない場合が多いようです。

私自身も経験がありますが、睡眠不足を抱えながら仕事をした経験のある人だったら、睡眠不足でうつ状態になる感じがなんとなくわかるのではないでしょうか。

その睡眠とうつの関係が、最新の研究で具体的に明らかになりました。

東京大学の研究グループが中高生を対象に調査したところ、睡眠時間が8.5時間以上あれば、うつになりにくいことがわかったそうです。

 中高校生は8・5時間以上の睡眠をとると、うつや不安のリスクが低くなる――。東京大学大学院教育学研究科の佐々木司教授ら共同研究グループの調査で、こんな傾向が明らかになった。思春期の生活習慣の目安になり…

中高校生は8・5時間以上の睡眠をとると、うつや不安のリスクが低くなる――。東京大学大学院教育学研究科の佐々木司教授ら共同研究グループの調査で、こんな傾向が明らかになった。思春期の生活習慣の目安になりそうだ。

調査は2006年に三重県と高知県の公立中高の生徒約1万8千人を対象に、集中力や生きがい、ストレスなどを尋ね、うつの症状を感じている割合と平日の睡眠時間を比べた。その結果、男子では睡眠時間8・5~9・5時間の生徒のリスクが最も低かった。

この調査は中高生対象ですが、成人した大人でもある程度当てはまるように思われます。中高生より大人のほうが睡眠に取れる時間は減ると思いますが、それでも8時間程度が一定の目安になるのでしょう。

また睡眠が深ければ睡眠時間は短くても良いという話も聞きますが、今回の研究チームの教授によると、「根拠はない」とのことです。やはり睡眠時間は長くとる必要があるのかもしれませんね。

なかなか忙しくて睡眠を取れないという人も多いと思いますが、忙しい生活を送れる前提にあるのは健康な身体ですから、気をつけたいものです。

参考記事:中高生、必要な睡眠は? 8.5時間以上でうつリスク減

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
googleスポンサーリンクと関連コンテンツ
スポンサーリンク