対人関係の苦手な人はプログラミングの仕事が向いている?体験レポート

対人苦手リンク

対人関係が苦手な人は「プログラミングの仕事」が向いている、とよく言われます。

発達障害者、特にアスペルガーの人の適職としても、プログラマーの仕事が必ずあげられます。

私もそれらの意見に影響を受け、最近プログラムの勉強を始めました。その経験から思ったことを書きたいと思います。

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2

プログラミングを勉強してわかったこと

プログラミングを勉強してわかったことは、対人関係が苦手な人の中でも、プログラミングに向いている人と向いていない人がいる、ということです。

私自身はあまり向いていないと思いました。プログラムのコードをずっと見ていると頭が痛くなってくるのです。またプログラムに必要とされる数学的な思考も苦手です。

しかし一方で、コードをずっと見ていても苦にならず、むしろ楽しいと思う人もいるようです。数学的に考えることが得意という人もいます。

同じように対人関係が苦手でも、プログラミングが得意な人と苦手な人がいるのです。自分で実際にプログラムを勉強してみて、このような事実がわかりました。

それでもプログラミングは対人関係の苦手な人におすすめ?

しかしそれでも、プログラミングは対人関係の苦手な人に向いている仕事だと思います。これは他の仕事と比べての話です。

たとえば営業や接客業などの、対人関係能力が必須とされる仕事と比べれば、プログラミングの仕事のほうが、対人関係が必要な場面は少ないでしょう。

ただし前に書いたように、プログラミングの仕事は誰にでも向いている仕事ではありません。対人関係が苦手で、さらにプログラミングの仕事が苦手な人もいるでしょう。

プログラミングは、対人関係が苦手な人の中でも、数学が得意な人に向いているのかもしれないと思いました。ですから数学が得意な人は、プログラムの仕事はお勧めだと思います。

ただし数学が得意じゃなくても、プログラムが楽しいと思える人もいるかもしれません。これはやってみないとわからないと思うので、まずは一度試してみて、自分の適性を調べてみるのをお勧めします。

プログラムの勉強はどこですればいい?

プログラムの勉強はどこですればいいでしょうか?いくつか方法を紹介します。

1.職業訓練

一番お金がかからない方法は、職業訓練でプログラムを勉強することです。職業訓練であれば、無料でプログラムが勉強できます

各地域で職業訓練のコースが開設されているので、そこから自分の住む地域を探してみましょう。詳しい内容は次のサイトなどから探せます(職業訓練(就職に向けてスキルを身につけたい方へ)

2.学校に通う

2つ目の方法は、民間の学校を利用して勉強する方法です。

プログラミングの学校は多数あるので、その中から自分の条件に合う学校を選ぶと良いと思います。

中には「【完全無料プログラミング研修&就活塾】」というような、無料でプログラミングを勉強できる学校もあります。

民間の学校を利用して勉強するメリットは、個人に合わせたカリキュラムで勉強することができるという点です。職業訓練の場合だと、基本的に一斉授業なので、個人の違いはあまり考慮されません。

他に民間の学校だと、専属のメンターの人がついて、わからないことはいつでも質問できたりする場合もあります。これが民間の学校で勉強するメリットだと思います。

3.独学

プログラミングの勉強は、独学でも可能です。ただし独学だとモチベーションを保つのが大変だったり、勉強内容などが偏ってしまうといった問題があると思います。

まとめ

繰り返すと、プログラミングは、対人関係苦手な人に向いている仕事だと思います。しかし、対人関係の苦手な人の中にも、向いている人と向いていない人がいます。その中でも数学が得意な人は、向いていると思います。

プログラミングの勉強方法は、職業訓練を利用すると無料で勉強ができます。他に学校を利用したり、独学で勉強する方法もあります。

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2
対人関係苦手レスポンシブル2
対人苦手リンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
googleスポンサーリンクと関連コンテンツ