ADHDと色盲は関係がある?

私は色盲です。子どものときから色盲検査では必ずひっかかっていましたし、大人になってからも、それは変わりません。普段の生活ではあまり問題ないのですが、色の細かい違いを見るときに、区別できないことがあります。

そして、私はADHD傾向があります。もしかしたらADHDと色盲は関係があるのかもしれないと思い、調べてみました。すると、最近、ADHDと色盲に関係があると指摘する研究が発表されたようです。

スポンサーリンク

子どものADHDと視力障害に関連性がある

これはアメリカアラバマ大学の研究者によるもので、子どものADHDと視力障害に関連性があることがわかったそうです。

75,000人の子どもを調査した結果、色盲や、弱視などの視力障害を持つ子どもは、そうではない子どもと比べて、ADHDである割合が高かったそうです。

具体的には、視力障害のある子どもの15%以上がADHDの診断を受けていたのに対し、正常な視力の子供で診断を受けていたのは8.3%だったそうです。

ただし、ADHDと視力障害は関連性が見られただけで、たとえば、視力障害が原因でADHDになるというわけではないそうです。

私もADHD傾向があるので、この研究結果には納得がいく感じです。ただし、なぜ関連性があるのかなどはわかっていないと思うので、今後の研究がさらに期待されます。

参考記事:Link between ADHD, vision impairment in children

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
googleスポンサーリンクと関連コンテンツ