コミュ障の人にネットカフェのバイトは向いている?

対人苦手リンク

コミュ障の人にネットカフェのバイトは向いているのでしょうか?

私もネットカフェのバイトをしたことがありますが、基本的に、コミュ障の人にネットカフェのバイトは向いていると思います。

その理由をいくつか紹介します。

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2

「コミュ障の人にネットカフェが向いている理由」

1.「対人関係が少ない、マニュアル化されている」

私もコミュ障なのですが、ネットカフェのバイトは長続きしました。

理由はいくつか考えられるのですが、まず対人関係が少ない点です。仕事は受付と清掃などが主です。受付は人と接しますが、すべてマニュアル化されているのでコミュ障の人でも問題ありません。

2.「静かな環境」

ネットカフェのバイトは、静かな環境で仕事ができます。むしろ静かであることが推奨されます。

コミュ障の人は騒音が苦手な人も多いと思うので、コミュ障の人に向いている環境だと思います。

3.「人間関係が複雑ではない」

ネットカフェのバイトは、同僚との人間関係が複雑ではありません。一緒に働く人の数が少ないからです。

おそらく一緒に働く同僚は1人や2人くらいが多いのではないでしょうか。中には1人の場合もあります。

また、それぞれに仕事の分担があり、協力して一緒に仕事をするということはあまりないように思えます。

4.「文化的な環境」

コミュ障の人は漫画などが好きな文化系の人も多いでしょう。その点、ネットカフェは漫画が溢れる文化的な環境ですので、コミュ障の人に向いていると言えるでしょう。

また、漫画に詳しければ漫画を探しているお客さんから感謝されるかもしれません。ほかに、ネットカフェには必ずパソコンもあるので、パソコンの修理ができたり得意な人も重宝されるかもしれません。

「小さいお店が良いかも?」

コミュ障の人は、特に小さいお店が向いていると思います。全国展開しているチェーン店よりも、規模の小さいお店ですね。

また、繁華街のど真ん中にあるようなお店ではなく、郊外の人があまり来ないようなお店が向いていると思います。

というのは、お客さんがたくさん来るようなお店は、たくさんの人とコミュニケーションをしなければいけないからです。またそのようなお店は、働く人も多いですよね。そうすると、同僚とのコミュニケーションもたくさんしなければいけません。コミュ障の人には大変だと思います。

「実際に足を運んで探すのがおすすめ」

ネットカフェのバイトの探し方ですが、実際に足を運んで探すのがおすすめです。街などを歩いていて自分でも働けそうと思えるお店を見つけたら、アルバイトを募集していないか調べてみると良いでしょう。

また募集の張り紙などがなくても、問い合わせてみると案外探していたりすることがあります。私もそれで一度アルバイトを見つけたことがあります。

また、求人誌や求人サイトで探す場合は、そのお店を実際に訪れてみて「ここで自分は働けるだろうか」と調べてみると良いと思います。

ネットカフェのバイトは「フロム・エー ナビ」や「バイト探しはシフトワークス」などで探せます。

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2
対人関係苦手レスポンシブル2
対人苦手リンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
googleスポンサーリンクと関連コンテンツ