iPS細胞を使用した「精神・神経疾患」の病態解析が進み、新たな発見も

対人苦手リンク

「iPS細胞」を使用した、精神・神経疾患の病態の解析が進んでいるそうです。

iPS細胞というと、ノーベル賞を受賞した、京都大学山中伸弥教授の研究が有名ですよね。iPS細胞は、再生医療への応用が期待されているとよく聞きますが、精神や神経疾患の解析にも使用されているとは知りませんでした。

難しいことはよくわかりませんが、これで精神・神経疾患の病態に関する新たな発見や、新薬の開発などが期待されているそうです。

もしかしたら、これで統合失調症などの画期的な治療方法が生まれるかもしれません。今後の研究にも目が離せません。

理化学研究所などは、iPS細胞(人工多能性幹細胞)を使って、統合失調症や脊髄小脳変性症といった精神・神経疾患の病態を解析した研究成果を相次ぎ報告した。統合失調症では神経細胞の分化段階の異常を発見。脊髄小脳変性症では、神経細胞でカルシウムイオンの搬入経路を構成するたんぱく質の一部分が異常に蓄積する病態を再現した。発症機構の解明や創薬への貢献が期待される。

参考記事:iPSで精神・神経疾患を解析、理研などで研究成果相次ぐ

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2
対人関係苦手レスポンシブル2
対人苦手リンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
googleスポンサーリンクと関連コンテンツ
スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2