うつやADHDで精神科に行く人は注意!保険に入れなくなるかも?

最近では心の病気に対する理解も広まり、精神科を受診する人も増えているようです。

ただしうつやADHDで精神科に行く人で注意が必要なのは、精神科で病気の診断をされると、保険に入れなくなる可能性があるそうです。

保険は、同じ条件の人がお金を出し合って、万一の場合に支えあう相互扶助の仕組みです。そのため保険の加入に際しては健康状態も審査された上で契約することになりますので、難病指定になっているような病気は精神的な病気も含めて加入が難しくなります。

うつ、不眠症、ADHD…でも精神科に行くと保険に入れないかも?

精神科で診断がついてしまうと、保険に加入するときに、審査で落とされる可能性があるということですね。

ただしうつやADHDの持病があっても入れる保険があるそうです。それは「引受基準緩和型保険」と「少額短期保険」です。

スポンサーリンク

「引受基準緩和型保険」と「少額短期保険」とは

「引受基準緩和型保険」

「引受基準緩和型保険」とは、以下のようなものになるそうです。

精神的な病気があると一般的な保険に加入することは難しいのですが、持病があっても入れる保険もあります。これは引受基準緩和型保険と言って、保険会社が契約を引き受ける基準を緩やかにしているものです。

うつ、不眠症、ADHD…でも精神科に行くと保険に入れないかも?

「引受基準緩和型保険」は、持病があっても入れる保険ですね。

引き受ける基準を緩やかにしている保険です。ただし支払う保険料が通常のものより割高だそうです。

「少額短期保険」

「少額短期保険」とは、以下のようなものになるそうです。

少額短期保険とは、保障内容が手ごろで保険期間が1年間の保険で、精神疾患の病歴があっても入れるものもあります。 中には発達障害や知的障害のある方向けに作られた保険もあり、自分の保障だけではなく、他人のものを壊したりケガをさせたりした場合の保障が付いているものもあります。

うつ、不眠症、ADHD…でも精神科に行くと保険に入れないかも?

保険期間が1年間という短い期間の保険ですね。

期間が短い分、精神疾患の病歴があっても、加入することができるようです。また発達障害や知的障害の人向けの保険もあります。

「発達障害者向け」の保険

「発達障害者」の人向けの保険もあります。

たとえば「ぜんちのあんしん保険」は、発達障害者などの、障害者を対象とした保険です。こちらは「少額短期保険」になるようです。

保険相談を利用してみては?

うつやADHDで精神科を受診している/しようと考えている人は、一度保険の相談を利用してみてはいかがでしょうか。

たとえば「生命保険ドットコム」や「保険マンモスの無料保険相談」などを利用すると、無料で保険の見直し相談などが行えます。

参考サイト:うつ、不眠症、ADHD…でも精神科に行くと保険に入れないかも?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

関連コンテンツ
googleスポンサーリンクと関連コンテンツ