「病気じゃない」と言われるのが怖い?心療内科を受診できない人の悩み

仕事のストレスなどで精神的に不調になり、心療内科を受診する人も多いと思います。

しかし中には、心療内科を受診するのが「怖い」という人もいるようです。

「病気ではありません」と言われるのが怖いのだそうです・・・。

自分の精神状態に違和感を感じてからもう1年経つ。「あなたは病気ではありません」と宣告されるのが怖くて心療内科を受診できない。仕事のメ…

自分の精神状態に違和感を感じてからもう1年経つ。
「あなたは病気ではありません」と宣告されるのが怖くて心療内科を受診できない。

仕事のメモが取れなくなったのが始まりだった。それから話を聞けなくなった。会話が出来なくなった。会社に行けなくなった。
いろいろ出来ないことが増えていった。

カウセンラーに病院を勧められたけど、結局行ってない。
今でもこんな自分を認めたくないのかな。

確かに心療内科での受診が未経験の人は、少し怖い人もいるかもしれません。

この人も言うように、たとえば「病気じゃない」「ただの怠けだ」などと説教されたりしたらどうしようと不安になるのではないでしょうか・・。

しかし、実際のところは、「病気じゃない」などと言われることはほとんどないようです。

特にこの悩みの人は、「話を聞けなくなった」、「会社に行けなくなった」とあるので、かなり病気である可能性は高い気がします・・。

この人が心療内科に行ったら、おそらく何らかの病気と診断され、薬が出される可能性が高いと思います。

参考サイト:心療内科を受診できない

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

関連コンテンツ
googleスポンサーリンクと関連コンテンツ
スポンサーリンク