ADHDの人など考えすぎてしまう人が「考えすぎを止める」7の方法

対人苦手リンク

あなたはいろいろと「考えすぎてしまう」ことはよくありませんか?

これは内省的な人に多いかもしれません。思考がぐるぐるとループするような状態です。

ADHDの専門家によると、特に「ADHD」の人は「考えすぎ」てしまうことがよくあるそうです。

もしこの考えすぎのループにはまってしまうと、何度も何度も同じことを繰り返し考えてしまいます。しかもそれで気持ちが良くなるわけでも、解決策が見つかるわけでもありません。

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2

考えすぎてしまうのは過去のことが多い

考えすぎてしまうのは「過去」ことが多いようです。たとえば、あれを続けておけばよかったとか、あのとき違ったことを言えばよかった・・などです。

特に、ADHDの人は普通の人よりも頭の回転が速いことが多く、考えすぎてしまうことが多いそうです。そして考えすぎてしまうと、多くの場合ネガティブな感情に襲われます。

一つの助けになるのは、過去に起こった出来事を思い返し、次はどのようにすればうまくいくかを理解することです。

考えすぎは「気分の落ち込み」や「うつ病」の原因になり、自信を失わせてしまいます。さらに自分のことばかり考えてしまうので、「社交能力」も低下してしまいます。

そこで「考えすぎ」を止める方法を紹介します。

「考えすぎ」を止める7の方法

1.「考えすぎてしまう「場面」を見つけ対策を立てる」

タイマー

どんな時によく考えすぎてしまいますか?

たとえば、シャワーを浴びているとき、車で家へ帰るときなどですか?それがわかったら、「考えすぎ」が始まる前に、考えすぎを避けるための計画を立てましょう。

たとえばシャワーの時間は「4分」だけと決めてタイマーをセットしましょう。そうすれば、「思考で迷子になる」機会がなくなります。車の中では音楽を聞くと良いかもしれません。

2. 「「考えすぎ」が始まる引き金は何ですか?」

starter_starting_pistol

生活の中で「考えすぎ」を始めてしまう「引き金」があるかもしれません。

たとえば、「悲しい気持ちになる」「睡眠不足」「二日酔い」「ストレスがたまる」などです。

これらのことは完全に避けることはできないことかもしれません。しかし「引き金」がわかれば、引き金になる状態の間は用心深くなれるでしょう。

3.「考え事を書き留め、その具体的な対策を書き出す」

bunbougu_memo

考えすぎはよくありませんが、積極的に関心ごとや悩みを考えることはとても役に立ちます。

ペンと紙を持って椅子に座りましょう、そして意識に上ったことを全て書き留めましょう。紙の反対側には、そのことを解決する具体的な行動を書き留めましょう。

たとえばもし仕事でのプレゼンで心配になることが多いなら、話し方教室などに参加する。もし休みの予定を立てる必要があるなら、予定を細かい部分に分ける、車を借りる、ホテルを予約するなどをしましょう。

もし過去にした行動を考えすぎてしまうなら、次からは過去の行動を反省し先のことを考えて行動するようにすれば良いのです。そうすれば同じ間違いは繰り返さないはずです。

4.「気晴らし」

osyaberi

考えすぎが止められない場合は、考えすぎにならない「気晴らし」をしましょう。気晴らしになることのリストを作るといいでしょう。

これらは「考えすぎることのないくらい面白くて夢中になること」である必要があります。これは人によって違うので、自分はどんなことが気晴らしになるかを見つけましょう。たとえば以下のようなものです。

  • 友人とのおしゃべり
  • テレビや映画を見る
  • ゲームをする
  • 運動をする
  • 音楽を聴く

5.「恐怖の見方を変える」

虫眼鏡

過去の失敗が原因で新しい行動に踏み出すことを恐れていたり、過去の失敗を一般化しすぎているなら、「恐怖」についての見方を変えたほうがいいでしょう。

過去にうまくいかないことがあったからといって、今後も同じようにうまくいかないというわけではありません。

新しい一歩を踏み出すことは恐ろしいかもしれませんが、それは新しい始まりでもあり、成功するチャンスなのです。

6.「未来を予想することはできないことを知る」

sports_wind_surfing_woman

未来を予想することができる人は誰一人いません

私たちがわかるのは現在だけです。もし未来が心配であれこれ考えて現在の時間を無駄にしてしまうなら、あなたは自分で自分の時間を盗んでいるようなものです。

未来のことに時間を費やすのは単純に生産的ではありません。その代わり喜びを与えてくれることに時間を使いましょう。

7.「ベストを尽くしたことを受け入れる」

kimochi_positive_man

考えすぎの元となるのは「十分ではないという感覚」です。十分に賢くなかった、十分に働かなった、十分に集中しなかったなど。

しかしできるだけの努力をしたのであれば、それをそのまま受け入れましょう。成功するかどうかは、ある部分では「運」です。あなたはできるだけのことをしたのです。

参考記事:How to Stop Over-Thinking / 10 Simple Ways You Can Stop Yourself From Overthinking

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2
対人関係苦手レスポンシブル2
対人苦手リンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
googleスポンサーリンクと関連コンテンツ